エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
「必ず買いますよ」(2/22) ・・・複数ショップ店員談
【コレオシ Vol.1419】手軽にドレスアップできるThermaltakeのスリーブケーブルセットに注目
2月21日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
ASUSの最新マザーボードを徹底解説。25日(土)にドスパラ 秋葉原本店にて店頭イベントが開催
ファーウェイ、丸2日動作する大容量バッテリ搭載SIMフリースマホ「HUAWEI nova/lite」
プロカメラマン監修のKaby Lake搭載RAW現像デスクトップPC、ツクモeX.computerから
iiyamaPC「STYLE∞」、Kaby Lake搭載の即納ミニタワーPC計2モデル発売
マウスDAIV、GeForce GTX 1060とKaby Lake搭載の15.6型液晶ノートPC発売
EIZO、8メガピクセル対応の31.1型医用ディスプレイ「RadiForce MX315W」
ロジクール、業界初の4K・5倍ズーム対応の超高性能ウェブカメラ「ロジクールBRIO」を発売

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
3NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
4「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談
5ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」

Home > レビュー > 撮って出し
ENERMAX Newスタンダード「ETS-N30」シリーズ検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.311

ENERMAX Newスタンダード「ETS-N30」シリーズ検証


2014年3月27日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 自作PCパーツメーカーの老舗、ご存じENERMAX(本社:台湾)。同社のCPUクーラー部門は堅実で、なぜかハズレが少ない。以前検証を行ったサイドフロー型「ETS-T40」シリーズは、搭載ファン違いによる複数のバリエーションがラインナップされ、未だに人気が高い。
 そんなENERMAXブランドから、2014年第1弾となる待望のCPUクーラー新製品「ETS-N30」シリーズが登場。早速編集部に届けられた、できたてホヤホヤの評価機を用い、検証を行ってみよう。

PCパーツの中でも競合が多いCPUクーラー。少しでも長くPCパーツショップの陳列棚を陣取るには、どんな条件が必要だろう。
 CPUの冷却を行う要のPCパーツだけあって、PCが安定動作するだけの冷却能力は最低限要求される。またBOXタイプのCPUに付属する純正CPUクーラー(リテールクーラー)より温度を下げてもらわなくては、投資の意味が無い。静音動作は言うに及ばず、取り付けがし易ければなおよし。メモリスロットへの物理的干渉も気になるところ、価格が手頃なら文句はなし。できればLED搭載などドレスアップ要素も考慮したい。なんとも欲張りなリクエストだが、CPUクーラーにはひとえにこれほど多くの要素がある。

それらを踏まえて本題に入るには少々酷だが、なにも全てを要求しているワケでは無い。今回の主役となる「ETS-N30」シリーズは、未だ人気の高い「ETS-T40」シリーズから10の位をひとつ落とした30番台の下位モデルという位置付けだ。つまりENERMAXブランドのCPUクーラーとしては、先鋒役となるエントリークラス、言い換えるならば「普及価格帯」モデルという事になる。

ENERMAX「ETS-N30-HE」(左) 市場想定売価税込2,980円
ENERMAX「ETS-N30-TAA」(右) 市場想定売価税込3,480円
製品情報(ENERMAX)(株式会社リンクスインターナショナル

ひとえに「普及価格帯」モデルとカテゴライズしたところで、決して手抜きをしているわけではない。スペックシートをざっと確認すると、TDP130Wクラスに対応し、動作音も16dBAから最大でも30dBAを下回る。付属品から一般的なバックプレートを用いたネジ留め式であるらしく、特に特殊な作業は必要としない。ヒートシンクはメモリスロットへ占有を避けたナロータイプで、「ETS-N30-TAA」を選択すれば、ENERMAXお得意のAPOLLISHタイプBlue LEDファンが搭載されている。

このように特徴を並べてみると、汎用CPUクーラーに要求される多くの要素を含んだ「ETS-N30」シリーズは、簡単にエントリークラスと片付けるワケにはいかないようだ。


「ETS-N30」シリーズ製品パッケージ

本体をチェックする前に、パッケージをご紹介しよう。パッケージサイズは公称W140×D95×H168mmで、重量は約670g。搭載ファン違いで2種類のバリエーションを持つ「ETS-N30」シリーズは、共通デザインを採用し、判別用にそれぞれの製品型番にはチェックが付けられている。

「ETS-N30」シリーズのパッケージ。正面には「HE」と「TAA」を見分けるチェックがつけられている。環境に配慮し、パッケージ素材は全て紙製が採用されている
背面には「ETS-N30」の特徴が画像で紹介されている。英語表記ながら、要点は十分に理解できるだろう
次は...  ENERMAX「ETS-N30」シリーズ外観スタイル

1 2 3 4 5 6 7 8

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us