エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.260

「血統書付き」オールインワン水冷ユニット ZALMAN「Reserator3 MAX」

2013.08.22 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 「Reserator」と聞いて、懐かしいと感じる自作派は少なくないだろう。PC構成パーツの冷却機器として、過去最大級のインパクトを残したオールインワン水冷ユニットが、このほど「Reserator3 MAX」に進化して市場に投入された。ZALMAN TECH(本社:韓国)が放つ新作は、これまでにはない、全く新しい冷却構造を携えている。
 今回の速攻撮って出しレビューでは、ZALMAN国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)から評価サンプルを借り受け、従来モデルとは似て非なる全く新しいオールインワン水冷ユニットをご紹介しよう。

血統書付きの水冷ユニット「Reserator3 MAX」

初代「Reserator 1」が発売された2004年当時、自作市場では水冷クーラーはかなり特殊なものと認識されていた。高価な電子機器の中に「水」を持ち込むなど言語道断と考える向きも多く、オールインワン水冷ユニット花盛りの今しか知らない自作派からは、そのハードルの高さは想像できないかもしれない。
 そんな時代に投入された「Reserator 1」は、その特異な円筒形から「青い巨塔」と呼ばれ、とにかく注目を集めた。売価約30,000円ながら想像を超える爆発的ヒット作となったのだ。

現在の自作市場では、「風(空気)」に対し「水」は特殊なものというイメージは払拭され、空冷クーラー同等の手軽さと、手頃な価格により、ライトユーザーでも簡単に取り扱いができるまでに進化している。
 「Reserator 1」デビューからまもなく10年になろうとしているが、水冷のハードルを空冷レベルまで引き下げるには、これだけの時間が必要だった。そんな「Reserator 1」は、水冷ユニット時代の幕開けとも言うべき、自作史に残る名器であると共に、今回検証する新作「Reserator3 MAX」は、その源流から脈々と受け継がれた「血統書付き」のオールインワン水冷ユニットと言えるだろう。

Reserator3 MAX
ZALMAN「Reserator3 MAX」
市場想定売価税込12,800円
製品情報(株式会社アスク)(ZALMAN TECH
Reserator3 MAX Reserator3 MAX
Reserator3 MAX 外装パッケージサイズは実測約W190×D130×H220mm。ふたを開けると「Reserator3 MAX」本体はブリスターパッケージで保護されていた。ZALMANの製品は繊細な作りが多いため、多くのモデルでは未だに全身ブリスターパッケージが採用されている

Reserator3 MAX

「Reserator3 MAX」のパッケージ内容。詳細については後ほどじっくりと紹介する
totop