エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
ASUS、ASRock製マザーボードの値引きセールがスタート【ドスパラ パーツ館】
お買い得な同時購入値引きをチェックしておく【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】
【オレスマホ Vol.054】バックヤードのラズパイで動かす、在庫管理アプリ「東映フォース」を作ってみたよ
【コレオシ Vol.1380】大容量の録画専用マシンにぴったりなPCケース、SilverStone「SST-CS380」
12月6日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
アスク、Super Micro ComputerのゲーミングブランドSuperO製品の取り扱い開始を発表
センチュリー、フルHD IPSパネル採用の11.6インチモバイル液晶「plus one Full HD」
売価6,500円。コスト重視のエントリーミドルタワー、SilverStone「SST-PS14B」16日発売
SilverStone、フロントメッシュの高冷却ケース「SST-RL05」シリーズに新色2モデル投入
SilverStoneのフロントメッシュミドルタワー「SST-PM01」 に新色「マットブラック」「チタン」追加

HOTNEWS
● 期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証
● これで全てが分かる。Thermaltake「Core G3」徹底解説
● 全身ヒートシンク型Cubeケース STREACOM「DB4」で完全無音PCはできるのか
● 初の空冷ファン搭載M.2 SSDクーラー、玄人志向「M.2F-PCIE」実力検証
● これで全てが分かる。Fractal Design「Define C」徹底解説


1これで全てが分かる。Thermaltake「Core G3」徹底解説
2期待を裏切らない“一番いい電源”、Seasonic待望のTITANIUMモデル「PRIME」検証
3全身ヒートシンク型Cubeケース STREACOM「DB4」で完全無音PCはできるのか
4これで全てが分かる。Fractal Design「Define C」徹底解説
5初の空冷ファン搭載M.2 SSDクーラー、玄人志向「M.2F-PCIE」実力検証

Home > レビュー > 撮って出し
CORSAIR「Carbide Air 540」検証<br/> ~本体詳細から組み込みまで~
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.259

CORSAIR「Carbide Air 540」検証
~本体詳細から組み込みまで~


2013年8月20日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 ここ最近PCケースの秀作を次々に市場へ投入するCORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)。今回取り上げる新作「Carbide Air 540」もかなりの話題作だ。
 2層構造「デュアルチャンバ設計」を採用し、マザーボードトレイから左右にエリアを分け、構成パーツを見事に棲み分けた。今回は実によく考えられた内部構造をすみずみチェックしつつ、実際に組み込みを行い、PCを1台完成させるところまでをじっくりお届けする。

自作好きをうならせる、近頃のCORSAIR PCケース

これまでのCORSAIRは、ハイエンド志向の強いメモリや電源ユニットのメーカーというイメージが根強かった。しかし近年はPCケース部門の躍進が目覚ましい。前回お届けした「Obsidian 350D」は、MicroATXの秀作で、今やミニタワーPCケースの代名詞的モデルとなっている。また、スーパーフルタワーPCケース「Obsidian 900D」は、世界のヘビーユーザーがチョイスする定番化されたモデルで、国内でも発売からわずか2ヶ月とは思えないほど認知度が高い。
 単なるスマッシュヒットではなく、出すものすべてが話題作になってしまうCORSAIRのPCケース。発売間もない「Carbide Air 540」には、どんな仕掛けが用意されているのだろうか。

Carbide AIR 540
CORSAIR Carbide Air 540
市場想定売価税込17,980円前後(7月27日発売)
製品情報(CORSAIR)(株式会社リンクスインターナショナル

マザーボードトレイを中心に左右に分かれた「デュアルチャンバー」構造

CORSAIR国内正規代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)から届けられた評価サンプルを披露する前に、まずは「Carbide Air 540」とはどんなモデルなのかを、簡単に説明しておこう。
 今年のCOMPUTEX TAIPEIで初のお披露目となった「Carbide Air 540」は、キューブスタイルのPCケース。これまでキューブ型といえばMini-ITXやMicroATXのスモールPCが定番だが、このモデルはE-ATXフォームファクタまで対応する、いわばスーパーキューブ。筆者的にはキューブ型というよりも、サーバーPCで採用されるBOX型PCというイメージが強く、実際現物を見てもその方が収まりがいい。

Carbide AIR 540 7月に行われたメディア向け発表会。女性2人がよいしょと持ち上げているのが「Carbide Air 540」。その大きさがお分かりいただけるだろう

外形寸法は幅330mm×奥行き415mmで、高さは460mm。重量約7.5kgの体躯は、キューブ形状だけにデスクトップPCケースよりも設置場所を考慮する必要があるだろう。なお本体素材はスチールとプラスチック製で、カラーはブラック。対応フォームファクタはE-ATX、ATX、MicroATX、Mini-ITXだ。

Carbide Air 540 編集部に届けられた評価サンプルをいよいよご開帳。ボディは黒い不織布に包まれ、大切に梱包されていた。素っ気ないビニール袋に比べれば、格段に気分がいい。CORSAIRの製品に対する思いが想像できる
次は...  CORSAIR「Carbide Air 540」外観スタイルチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us