エルミタ的「一点突破」 Vol.30

Noctua「NH-U14S」検証

2013.08.11 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

ポイント別温度計測結果

検証の最後に、非接触型デジタル温度計を使って、ヒートシンク部のポイント別温度を計測してみよう。計測ポイントは計7箇所で、高負荷状態30分経過後の状態をチェックしている。なお受熱ベース部はセンター部にリテンション金具がある事から、側面のCPU接触部に最も近い箇所を選んだ。

NH-U14S
搭載ファン標準回転時 室内温度28.6℃/湿度53%

まずは冷却ファンのコネクタをマザーボードに直接挿し、標準回転での温度状況をモニタ。最も温度が高い部分はボトムエリアの拡張スロット側で34.5℃。逆に最も温度が低い箇所はトップ中央の30.3℃で、その差は4.2℃になった。CPUクーラーの特性通り、中央エリアより下部の温度が高く、上部は低い。つまり「NH-U14S」は、素直に熱拡散が行われている事がわかる。なお比較的温度が高い中央部の34.1℃については、冷却ファンの風が発生しない軸とモーター部分に相当する事が影響しているのかもしれない。

NH-U14S
L.N.A減速ケーブル接続時 室内温度28.6℃/湿度53%

冷却ファンの回転数を減速させる「L.N.A」接続時、最も温度が高い部分と低い部分は、標準回転時と同様の結果になった。それぞれ35.2℃と30.2℃で、高温部は標準回転時より0.7℃高い。さらに受熱ベース部を比較すると、標準回転時はに比べ1.1℃高くなっている。高温エリアはいずれも1℃程度の温度上昇が見られる事から、冷却ファンの回転数を少し落とすだけでヒートシンク自体の発熱が増え、場合によってはPCケース内部の温度上昇にも少なからず影響が出るかもしれない。「L.N.A」は静音化にフォーカスした付属品だが、PCケース内部に収めて動作音が気にならないならば、無理に接続する必要はないだろう。

総評「Noctuaらしさは健在」

今回もNoctuaらしく、完成度の高いCPUクーラーに仕上げられていた。エルミタ編集部とNoctuaは比較的付き合いが長いが、開発者の熱意、設計理念、クオリティは一貫しており、僅かにも揺らぐことがない。これまでの製品ラインナップを振り返れば、やややり過ぎた製品もあったが、市場の反応を察知して軌道修正をしてきている。また研究熱心なメンバーが集まるNoctuaだけに、製品リリーススパンは長いものの、その分他社にはない絶対的安定感を維持してくる。これぞNoctua最大の武器だ。
 「NH-U14S」は市場のニーズに応えたナロータイプヒートシンク採用のサイドフロー型CPUクーラー。Noctuaらしからぬおとなしめの狙いに目新しさを感じない人もいるだろう。しかし前述の「一貫」した「安定感」は十分に感じさせてくれる。CPU買い替えにあたり初めてのNoctuaを検討するユーザーにも、その良さが伝わるだろう。雰囲気のある良品という印象を強くもった。

【静音性】 5.0ポイント
「L.N.A」があるおかげで、静音性は高い。個人差はあるものの、「L.N.A」ナシでも回転数が急激に上昇することはなく、耳障りになるまで騒音値はあがらない。月並みだが、PCケース内に閉じ込めれば、そうそう音が気になる事はないだろう。
【冷却性能】 5.0ポイント
ナロータイプヒートシンクである事は当然考慮に入れてのジャッジ。今回は時間の関係で定格運用時のみの検証になってしまったが、高負荷状態で1時間放置でも不安はまったく無い。Noctuaの空冷CPUクーラーは実によくバランスがとれている。
【取り付け易さ】 5.0ポイント
台座の仕込みから組み込みまで、工程は極力簡素化され、さらに確実な密着ができるテンションバー式の採用など、リテンションも熟成されている。機能性だけでなく、取り扱いのし易さも文句ない。
【コストパフォーマンス】 4.0ポイント
耳の聞こえ方により一概に判断できない静音性。同様に、各々の懐具合や価値観等によって判断が分かれるのが、コストパフォーマンス。ここは大バーゲンで4.0ポイントとした。同様のコンセプトを持つCPUクーラーに比べれば、もうすうぐ1万円という実勢価格は正直高い。ただしそれに見合った「静音性」「冷却性能」「扱いやすさ」(取り付け易さ)を兼ね備えており、さらに本来採点外のパッケージや工作精度はカテゴリトップクラスである事に、異論を挟む余地はない。Noctua製品は所有する事の喜びや楽しさを見事ひとまとめに製品化しているのだ。
Noctua「NH-U14S」総合評価
NH-U14S

協力:RASCOM Computerdistribution(Noctua)
totop