エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
モバイルXeon搭載のMini-ITXマザーボード、Advantech「AIMB-242」
胸ポケットに収まる、スリムサイズのポータブルSSD「SSD-PLU3」がバッファローから
COMMELL、デュアルギガビットLANを備えたApollo Lake搭載のPico-ITXマザー「LP-177」
売価約70万円のウルトラハイエンドPC、ASUS「ROG GT51CH」が28日より発売開始
CORSAIR、一部オールインワン型水冷ユニット向け「AM4アップグレードキット」を無償配布
ASUS、A320チップ採用のRyzen対応MicroATXマザーボード「PRIME A320M-K」
ZOTAC、最高クラスのOC版 GTX 1080カード「GeForce GTX 1080 AMP Extreme+」今週発売
Astell&Kern「AK70」の限定プレミアムカラー2モデルが4月29日発売
MSI、「Optane Memory」バンドルのIntel 200シリーズマザーボード「OPT BOOST」計3モデル
Intel、3D XPoint採用のM.2 SSDキャッシュ「Optane Memory」発売開始。価格は44ドルから

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「阿修羅」検証

「阿修羅」冷却能力テスト

最大の特徴であるナローフィンデザインにより、メモリスロットへの干渉を回避させた「阿修羅」。ここまでは文句の付けどころがない仕上がりを見せているが、果たして冷却機器としての実力は如何ばかりか。ここからは本領発揮とばかりに、冷却能力テストを実行していく。
 テストは従来通り、CPU温度計測、非接触型温度計によるポイント別温度計測、冷却ファンの回転数および騒音値計測の4種類だ。ちなみに、これまで参考モデルとしてきたIntel Core i7-3770K同梱純正クーラーの再テストも実施している。これは以前から目安としてきたテスト結果に比べ、室内温度が極端に低くなっていること、さらに購入時期が違う個体であることがその理由だ。
阿修羅

阿修羅
CPUクーラーテストレギュレーション(計測室内温度12.5℃)
1.マザーボードはケースに組み込まない状態で計測する
(ケースファンなどケース内エアフローの影響を受けない状態で、できる限りCPUクーラー本来の性能を見る
2.マザーボードなどの各種設定はデフォルトのまま行う
3.CPUに100%負荷をかけ、計5回のテストを実行
4.騒音値は、ファンから30cmの距離で計測
5.高負荷状態はストレステストツール「OCCT 4.3.2」を使用
(アイドル時および高負荷時(100%/30分)の数値を計測)
6.CPU温度計測には「OCCT 4.3.2」を使用(全コア平均値)
7.ファン回転数は「SpeedFan 4.47」を使用
【参考モデル】Intel Core i7-3770K同梱純正CPUクーラー 

アイドル時
高負荷時
2013年1月22日計測時(12.5℃) 32.0℃(34.6dBA) 64℃(42.5dBA)
阿修羅
「OCCT 4.3.2」によるCPU温度計測(室内温度12.5℃)

CPU温度を確認すると、高負荷時で49.5℃だった。とにかく寒い検証室内だった事を考慮しても、結果は良好。今回は定格のみでのテストだったが、合計5回のテストではほぼ同じ数値に落ち着いている。ナローフィンデザインにより、大型サイドフロー型に比べ、フィンの放熱面積が少ないのではないか?という当初の懸念は、どうやら単なる老婆心であったようだ。

「阿修羅」ヒートシンクポイント別温度テスト

続いて、非接触型温度計による、ヒートシンクのポイント別温度計測結果をみていこう。「阿修羅」で計測したのは、受熱ベース部を含め、全部で10カ所。結果から何かを読み取ることはできるだろうか。

阿修羅
阿修羅

一般的なサイドフロー型CPUクーラー同様、比較的温度が高いのは(7)~(9)のラインで、CPUに近い個所。一方で、CPUから最も遠い(1)~(3)は20℃を超すことはなく、容易に想像できる結果となった。ちなみに「阿修羅」同様、受熱ベース上に小型ヒートシンクを載せたモデルは多数存在するものの、温度が高くなる傾向はほぼみられない。本来であればCPUに最も近い場所(受熱ベースと一体の場合もある)だけに、やや合点が行かない。受熱ベース部分から伸びるヒートパイプが素早く熱を奪っている(放熱フィンへ移動させている)と仮定するならば、小型ヒートシンクは冷却にさほど貢献しないとみるべきだろう。

次は...  ファン回転数、騒音値計測

1 2 3 4 5 6

←前頁このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us