エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
モバイルXeon搭載のMini-ITXマザーボード、Advantech「AIMB-242」
胸ポケットに収まる、スリムサイズのポータブルSSD「SSD-PLU3」がバッファローから
COMMELL、デュアルギガビットLANを備えたApollo Lake搭載のPico-ITXマザー「LP-177」
売価約70万円のウルトラハイエンドPC、ASUS「ROG GT51CH」が28日より発売開始
CORSAIR、一部オールインワン型水冷ユニット向け「AM4アップグレードキット」を無償配布
ASUS、A320チップ採用のRyzen対応MicroATXマザーボード「PRIME A320M-K」
ZOTAC、最高クラスのOC版 GTX 1080カード「GeForce GTX 1080 AMP Extreme+」今週発売
Astell&Kern「AK70」の限定プレミアムカラー2モデルが4月29日発売
MSI、「Optane Memory」バンドルのIntel 200シリーズマザーボード「OPT BOOST」計3モデル
Intel、3D XPoint採用のM.2 SSDキャッシュ「Optane Memory」発売開始。価格は44ドルから

HOTNEWS
● この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
● 機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
● 税込2,980円のヒートシンク付きM.2変換カード、ファスト「ST-M2PCE4X」検証
● 特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
● Ryzenのベストパートナーを探せ。Thermaltake「Contac Silent 12」検証


1この1枚で何でもこなす、魅惑のRyzenマザーボードASRock「X370 Taichi」の実力検証
2まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
3機能満載のAMD B350ゲーミングRyzenマザー、GIGABYTE「GA-AB350-Gaming 3」
4特許取得のオリジナルヒートシンクを搭載したNVMe M.2 SSD、Team「CARDEA」を試す
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「阿修羅」検証

新設計・ブリッジ式リテンションと取り付け手順

サイズオリジナルCPUクーラー「阿修羅」には、ヒートシンク設計に加え、もう一つの大きな特徴がある。それは新たに設計されたブリッジ式・リテンションだ。サイズは放熱フィンの形状等、独自設計で自作派を楽しませてくれるメーカーだが、一方で直接冷却とは無関係な取り付け方法にも改良を重ね、常に製品の特長として大きなアピールポイントとなっている。これまで「兜2」(型番:SCKBT-2000)採用のN.G.C.S(New Generation Clip System)「侍ZZリビジョンB」(型番:SCSMZ-2100)採用の改良版VTMS(Versatile Tool-Free Multiplatform System)など、完成度の高いリテンションを開発してきたが、それに飽きたらず、「阿修羅」では台座をくみ上げた後、受熱ベース部中央に渡すブリッジにより固定する、いわば利便性追求型ともいえる方式を投入してきた。では早速その手順をご紹介しよう。
 なお今回は検証にむけて、テスト機材であるIntel LGA1155への取り付け方法を解説している。Intel LGA2011およびAMD系の取り付け方法については、図説マニュアルで確認頂きたい。なお台座を作るまでの手順については、概ね全ソケット共通となっている。

阿修羅

Intel LGA2011搭載手順

阿修羅

AMD系搭載手順

阿修羅 阿修羅
まずは「バックプレート」をマザーボード背面のネジ穴に仮合わせをする。マザーボードに装着されているバックプレートから飛び出ている2つのネジに合わせると、使用するネジ穴が分かるはずだ 絶縁用ラバーが貼り付けられた、「バックプレート」の末端には3つのネジ穴がある。各々ソケット毎に使用する穴が違うことは、Intelユーザーなら説明不要だろう
阿修羅 阿修羅
ワッシャーを使い、長いタイプの「スタンドナットA」をバックプレートにねじ込む。基本的にはハンドスクリュータイプだが、プラスドライバーも使用可能 CPUを囲むように4カ所に「スタンドナットA」を固定。台座を構成する4つの柱が完成した
阿修羅 阿修羅
念のためマザーボード背面から「バックプレート」のネジ穴部を確認。LAG1155/1156用ネジ穴は3つの内、中央の穴を使用する 「スタンドナットA」間に、「マウンティングプレート」を固定。使用するネジは「ネジ(小)」で、プラスドライバーを使い、しっかりと固定しよう。なお「マウンティングプレート」には向きがあるので事前確認を忘れずに
阿修羅 阿修羅
「マウンティングプレート」の取り付け完了。これで基礎部分が出来上がった CPUクーラーの受熱ベース部にある溝に合わせ、「マウンティングバー」を仮組み。コの字型だが、平たい部分が受熱ベース面になる
阿修羅 阿修羅
「マウンティングバー」を受熱ベース裏側からチェック。あとは基礎台座に固定するだけだ 特殊形状の「ネジ(大)」2本を使い、「マウンティングバー」を台座の「マウンティングプレート」にねじ留めすれば、マザーボードへの固定は完了。増し締めしておきたい場合は、付属のレンチも使用する
阿修羅
最後にファンクリップを使い、「隼140 PWM」をヒートシンクに装着すれば、マザーボードへのマウントは完了。デュアルファン仕様にする場合は、対面にも冷却ファンを固定すればいい

ここまでの作業時間は15分程度。「阿修羅」で新たに投入されたブリッジ式リテンションは、非常に完成度が高かった。なにより台座を事前に組み上げた後、残るは2本のネジを留めるだけという方法は、使い勝手がイイ。ナロータイプの放熱フィン設計も手伝って、ドライバーを無理な角度で回すということもない。サイズのオリジナルCPUクーラーは、ほぼ歴代のモデルを手にしてきたが、さすがに新設計だけあって、これまで採用されてきたマウント方法では間違いなく1番の出来といえる。

十分に確保されたCPUソケット周りのクリアランス

高い冷却能力と引き換えに、隣接するメモリスロットに大きくはみ出すヒートシンクの大型化は、高さのあるヒートスプレッダ付メモリがフル搭載できないというジレンマがある。Intel系マザーボードを例にとると、CPUソケット左右にメモリスロットがレイアウトされるX79 Expressでは比較的余裕があるものの、メインストリームであるZ77/H77/B75 Expressは最大4本のメモリスロットが片側に集中。多くの大型CPUクーラーは、メモリスロットの一部を占有することになる。
 これを解消すべく設計された、ナローフィンデザインの「阿修羅」は、見事にこの課題をクリアしている。装着テストにはCORSAIRの「VENGEANCE」シリーズ(高さ52mm)を用意したが、さすがに冷却ファンとの距離は僅かながら、これ以上背の高いヒートスプレッダ付メモリでも問題はない。これまでメモリスロットをフルに活用できなかった人には、待望の製品と言えるだろう。

阿修羅
隣接するメモリスロットとの物理的干渉で、引き合いに出されることが多いIntel Z77/H77/B75 Expressチップセット。ナローフィンデザインにより、4つのメモリスロットへの”張り出し”は回避されている
次は...  「阿修羅」冷却能力テスト

1 2 3 4 5 6

←前頁このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us