エルミタ的一点突破 Vol.29

サイズ「阿修羅」検証

2013.02.09 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「阿修羅」搭載ファン「隼140 PWM」チェック

「阿修羅」に標準搭載されている冷却ファンは、140×140×25mmのオリジナル「隼140 PWM」(型番:SY1425HB12M-P)だ。このモデルは2012年8月にリリースされ、単体でも購入が可能。バリエーションモデルに至っては、電源ユニット「剛力4」シリーズにも採用されている小軸&大型ブレード(インペラ)モデルだ。スペックは回転数が500±300rpm~1,300rpm±10%、騒音値は13~30.7dBA、風量は37.37~97.18CFM、静圧0.15~1.02mmH2O/1.47~10.0Paとされている。

阿修羅
阿修羅
サイズ得意の”小軸&大型ブレード採用の「隼140 PWM」。MTBF 3万時間のスリーブベアリングモデルで、駆動電圧DC12V、電流0.37A。なお扱いやすさを考慮し、”120mm口径ファンネジ穴互換”が採用されている
阿修羅
ブレード(インペラ)部分にはスリットを設け、空気抵抗の軽減とデザイン性を両立させているという

なお「阿修羅」には2組分のファンクリップが付属されており、任意でデュアルファン仕様での運用も可能。2基の冷却ファンが生み出す強力な吸排気により、さらなる冷却能力の向上が期待できる。

「阿修羅」付属品完全チェック

「阿修羅」の特徴をくまなくチェックした後は、付属品のすべてを確認しておこう。マザーボードへの取り付けを行うための、事前準備というワケだ。マザーボードへの固定に必要なリテンション一式は、白箱の中に収められ、バックプレートやネジ類はジッパー袋に個別梱包されている。ここではマニュアルに記載されているパーツ名毎に、それぞれの役割を簡単に説明しておくことにしよう。

阿修羅 阿修羅
マウンティングバー・・・新設計・ブリッジ式リテンションの肝となるパーツ。両端にはネジ穴があり、中央部には左右に各2本の突起がある バックプレート・・・Intel系CPUをマウントするために使用するバックプレート。先端部には3つの穴が用意されているのは”Intel系の証”
阿修羅 阿修羅
マウンティングプレート(Intel)・・・Intel系ソケット用プレート。バックプレート同様、3つの穴が用意されている マウンティングプレート(AMD)・・・AMD系ソケット用プレート。異なるソケットでも共通のネジ穴ピッチを採用するため、穴は1つ
阿修羅 阿修羅
ネジ(大)・・・マウンティングバーをマウンティングプレートに固定するためのネジ ネジ(小)・・・マウンティングプレートをスタンドナットに固定するために使用
阿修羅 阿修羅
スタンドナットA・・・Intel LGA775/1155/1156/1366用のスタンドオフ。ハンドスクリュータイプ スタンドナットB・・・Intel LGA2011専用スタンドオフ。ハンドスクリュータイプ
阿修羅 阿修羅
ワッシャー・・・スタンドナットとマザーボード基板間に挟む、絶縁用シリコンワッシャー LGA775用ゴムスペーサー・・・Intel LGA775マウント時のみ使用するゴム製のスペーサー
阿修羅 阿修羅
グリス・・・サイズロゴマークが入った、使い切りタイプのサーマルグリス レンチ・・・ネジ(大)の増し締め用。プラスドライバーよりも確実にトルクを掛けることができる
阿修羅 阿修羅
ファンクリップ・・・実際には4本(2組)が付属し、デュアルファンでの運用時に使用 マニュアル・・・6か国語に対応した図解入りマニュアル
totop