エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.207

Mini-ITXとAMD A85Xが夢の共演 ASRock「FM2A85X-ITX」を試す

2013.02.02 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 今回のエルミタレビューで取り上げるのは、ASRockから登場したSocket FM2対応Mini-ITXマザーボード「FM2A85X-ITX」。チップセットに最上位のAMD A85Xを搭載し、電源周りも上位モデルと同等の構成とするなど、およそMini-ITXとは思えない重装備ぶりが如何にもASRockらしい尖った製品だ。そこで今回は、ASRockの国内正規代理店であるマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)より借り受けたサンプル使い、“ハイエンドマザーボードとして利用できるのか?”をテーマにじっくりといじり倒してみることにしよう。

Mini-ITX初のAMD A85X採用Socket FM2マザーボード「FM2A85X-ITX」

FM2A85X-ITX
ASRock「FM2A85X-ITX」市場想定売価税込10,480円前後
製品情報(マスタードシード株式会社/ASRock

今回検証を行うASRock「FM2A85X-ITX」は、Mini-ITXフォームファクタでは初めてAMD A85Xチップセットを搭載したSocket FM2対応マザーボード。基板サイズの問題もあり、残念ながらCrossFire Xのサポートは無効ながら、SATA3.0(6Gbps)ポートは内蔵7ポート、外付け1ポートの8ポート構成で、MicroATXはおろかATXサイズのマザーボードに匹敵する拡張性を実現している。
 さらに、2つのダイを積み重ねることでシリコンダイ面積を増やし、内部オン抵抗を低減した「デュアルスタックMOSFET」や耐久性に優れる日本メーカー製導電性高分子コンデンサ「Premium Gold Caps」の採用など、コンポーネントは同社のハイエンドモデル「Extreme」シリーズと同等とされ、Mini-ITXとはいえそのオーバークロック耐性には期待がかかる。

FM2A85X-ITX FM2A85X-ITX
排熱が苦手なコンパクトケースでも安心な高耐久コンデンサ「Premium Gold Caps」 オーバークロック向けハイエンドモデルで採用が進む「デュアルスタックMOSFET」。画像で分かる通り2つのダイを積み重ねた積層構造が特徴

対応するAPUは第2世代“Trinity”シリーズ全モデルで、メモリはDDR3 2,400MHzのデュアルチャネル動作。ちなみにメモリプロファイルは、Intel XMPとAMDメモリプロファイルの両方をサポートするため高クロックメモリでも比較的容易に使用できる。
 また、SATA以外の拡張性も十分に確保されており、ディスプレイ出力はHDMI、DVI、D-Subの3系統。USB3.0もバックパネル×2、フロントピンヘッダ×2が用意され、一般的な用途で不足することはないだろう。
FM2A85X-ITX

ハイエンドモデル並にリッチな電源周り

スペックを確認したところで、ここからは画像にて「FM2A85X-ITX」を詳細にチェックしていこう。メモリスロットやPCI-Expressスロットからの距離を稼ぐため、CPUソケットは基板ほぼ中央に配置。またCPUの電源回路にはコンパクトなタンタルコンデンサや背の低いチョークコイルを搭載し、CPUクーラーと干渉しないように工夫されている。

FM2A85X-ITX FM2A85X-ITX
基板中央に配置されたCPUソケット。周辺コンポーネントはいずれも高さが抑えられ、幅の広いリテールクーラーでも干渉することはない。なおリテンションは、サイドバーフリーのためトップフロータイプなら周辺回路も冷却できる ハイエンドモデル「FM2A85X Extreme4」と同等の4+2フェーズ構成の電源回路。TDP制限もなく、現在発売されている “Trinity”シリーズすべてに対応する
FM2A85X-ITX FM2A85X-ITX
MOSFETのヒートシンクを取り外したところ。1フェーズあたり、タンタルコンデンサ×1、チョークコイル×1、デュアルスタックMOSFET×2で構成されていた プッシュピンで固定のMOSFET冷却用ヒートシンク。接触面には熱伝導シールが貼り付けられ、MOSFETの熱を効率よくヒートシンクへ移動する
totop