EK、アルミニウムベース採用のRTX 2080/2080 Ti向けウォーターブロック発売

2019.03.22 20:00 更新

2019.03.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
EK Water Blocks(HQ:スロベニア共和国)は2019年3月21日(現地時間)、アルミニウムベースを採用するGeForce RTX 2080/2080 Ti対応ウォーターブロック「EK-AC GeForce RTX」を発表した。即日販売が開始され、直販価格は109.90ユーロ。
  • EK、アルミニウムベース採用のRTX 2080/2080 Ti向けウォーターブロック発売

アルミニウムベース採用のエントリーモデル

EK Water Blocksから、ベース部分にアルミニウムを採用するGeForce RTX 2080/2080 Ti対応のエントリーウォーターブロックが登場した。

GPU、メモリ、VRMをまとめて冷却するフルカバータイプで、トップカバーにはアクリルガラスを採用。またASRock「Polychrome Sync」、ASUS「Aura Sync」、GIGABYTE「RGB Fusion」、MSI「Mystic Light」対応のアドレサブルRGB LEDを搭載する。

フィッティングはG1/4で、製品には取り付け金具の他、専用バックプレート、サーマルパッド、サーマルグリス「EK-TIM Ectotherm (1g)」が付属。対応グラフィックスカードはリファレンス基板デザインのGeForce RTX 2080および2080 Ti。

なお電食を防止するため、水冷システムのループには、銅とアルミニウムを混ぜないようにする必要がある。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
EK Water Blocks: http://www.ekwb.com/

totop