NVIDIA Turingアーキテクチャ初、GDDR5メモリを採用する「GeForce GTX 1660」登場

2019.03.14 22:01 更新

2019.03.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は日本時間の2019年3月14日22時00分、Turingアーキテクチャでは初のGDDR5メモリを採用するミドルレンジGPU「GeForce GTX 1660」を発表。即日販売を解禁した。
  • NVIDIA Turingアーキテクチャ初、GDDR5メモリを採用する「GeForce GTX 1660」登場
  • NVIDIA Turingアーキテクチャ初、GDDR5メモリを採用する「GeForce GTX 1660」登場

CUDAコア数1,408基の「TU116」コアを採用

GeForce GTX 1660(3月14日22時00分解禁)
https://www.nvidia.com/ja-jp/geforce/

日本時間の2019年3月14日22時00分、Turingアーキテクチャを採用するGPUでは初となるGDDR5採用モデル「GeForce GTX 1660」が登場。搭載グラフィックスカードの発売が解禁された。

GeForce1660_1024x768c

型番から分かる通り、2月22日に登場した「GeForce GTX 1660 Ti」の下位に位置づけられる製品で、ビデオメモリがGDDR6(12Gbps)からGDDR5(8Gbps)へと変更されているのが最大の違いだ。

またGPUコアは「TU116」のまま変わらないものの、CUDAコア数は1,536基から1,408基に削減。当然RTコアやTensorコアも省略されており、Pascal世代の「GeForce GTX 1060」にかなり近いスペックになっている。

その他、コアブーストクロックは1,785MHz、メモリバス幅は192bit、消費電力は120Wで、補助電源コネクタは8pin×1。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)を採用する。

GeForce_1660Ti_600x286

なお秋葉原の店頭では、すでにGIGABYTE、Inno3D、MSI、ZOTAC、玄人志向の製品が入荷済みで、明日のオープンと共に販売開始。なお市場想定売価は税抜27,800~33,980円前後に設定されている。

GeForce1660_1024x768d
GeForce GTX 1660 Tiの最安モデルとの価格差は4,000~5,000円。GPUコアはそれほど変わらないものの、メモリ周りの違いが大きくなかなか悩ましい

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.com/

totop