WINDFORCE 2X搭載の「GV-N166TOC-6GD」など、GTX 1660 Ti 2モデルがGIGABYTEから

2019.02.22 23:01 更新

2019.02.22 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市名古屋市)は2019年2月22日、NVIDIAの新ミドルレンジGPU、GeForce GTX 1660 Tiを搭載する「GV-N166TOC-6GD」「GV-N166TIXOC-6GD」について、新規取り扱い開始を発表した。いずれも即日発売が開始され、市場想定売価は税抜36,980円前後と税抜37,980円前後。
  • WINDFORCE 2X搭載の「GV-N166TOC-6GD」など、GTX 1660 Ti 2モデルがGIGABYTEから
  • WINDFORCE 2X搭載の「GV-N166TOC-6GD」など、GTX 1660 Ti 2モデルがGIGABYTEから

カード長170mmのMini-ITXモデルも同時リリース

GV-N166TOC-6GD 市場想定売価税抜36,980円前後(2月22日発売)
https://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/nvidia-graphics/gv-n166toc-6gd/release/
GV-N166TIXOC-6GD 市場想定売価税抜37,980円前後(2月22日発売)
https://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/nvidia-graphics/gv-n166tixoc-6gd/release/

GIGABYTEから、本日2月22日23:00に解禁されたNVIDIAの新ミドルレンジGPU、GeForce GTX 1660 Tiグラフィックスカードが登場した。

「GV-N166TOC-6GD」は、90mm口径のユニークブレードファンを2基搭載した「WINDFORCE 2X」採用の高クロックモデル。ヒートパイプはダイレクトタッチ方式で実装され、セミファンレス機能「3D Active Fan」にも対応する。

また電源回路には「Ultra Durable VGA」準拠の高品質コンポーネントによる4+2フェーズ回路を搭載。さらに基板裏面を保護するためのバックプレートを標準装備する。

n166_03_1024x768 n166_06_1024x768
「WINDFORCE 2X」クーラーとGIGABYTEオリジナルのバックプレートを搭載

主なスペックはコアブーストクロック1,800MHz、メモリクロック12,000MHz、メモリバス幅192bitで、ビデオメモリはGDDR6 6GB。出力インターフェイスはDisplayPort×3、HDMI×1で、補助電源コネクタは8pin×1。カードサイズは225.65×122.02×40.5mm。なおこの製品については近日中に詳細レビューをお届けする予定だ。

同時リリースされた「GV-N166TIXOC-6GD」は、カード長170mmのMini-ITXサイズモデル。VGAクーラーはオリジナルシングルファンクーラーで、コアブーストクロック1,785MHz、メモリクロック12,000MHz、メモリバス幅192bit、ビデオメモリはGDDR6 6GB。出力インターフェイスはDisplayPort×3、HDMI×1。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/

totop