GeForce RTXと第9世代Coreを搭載するゲーミングPC、ASUS「ROG STRIX GL12CX」シリーズ

2019.02.20 12:05 更新

2019.02.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUS JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区)は2019年2月20日、GeForce RTX 20シリーズと第9世代Coreシリーズを搭載するゲーミングPC「ROG STRIX GL12CX」および、GeForce GTX 1050と第8世代Coreを搭載する「ROG STRIX GL10CS」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。いずれも2月22日より販売が開始される。
  • GeForce RTXと第9世代Coreを搭載するゲーミングPC、ASUS「ROG STRIX GL12CX」シリーズ
  • GeForce RTXと第9世代Coreを搭載するゲーミングPC、ASUS「ROG STRIX GL12CX」シリーズ

GeForce GTX 1050と第8世代Coreのエントリーモデルも同時リリース

ROG STRIX GL12CXシリーズ(2月22日発売)
GL12CX-I9KR2080 販売価格税抜399,500円
GL12CX-I7KR2070 販売価格税抜299,500円 
ROG STRIX GL10CSシリーズ(2月22日発売)
GL10CS-I7G1050 販売価格税抜139,500円
GL10CS-I5G1050 販売価格税抜109,500円
https://www.asus.com/jp/

「ROG STRIX GL12CX」は、GeForce RTX 20シリーズと第9世代Coreシリーズを搭載するハイエンドゲーミングデスクトップPC。CPUクーラーには強力な冷却性能を備えたオリジナル水冷クーラーを採用し、長時間高負荷状態が続くゲームプレイでも安定したパフォーマンスを発揮する。

GeForce RTX 2080とCore i9-9900Kを搭載した上位モデル「GL12CX-I9KR2080」は、DDR4 32GBメモリ、512GB NVMe SSDと1TB HDDを標準装備する。

GeForce RTX 2070とCore i7-9700Kを搭載した下位モデル「GL12CX-I7KR2070」は、DDR4 16GBメモリ、256GB NVMe SSDと1TB HDDを標準装備する。

なおその他スペックは共通で、光学ドライブはDVDスーパマルチドライブ、無線機能はIEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LANとBluetooth 4.1に対応。OSはWindows 10 Home 64bit版で、本体サイズはW179×D400×H456mm、重量約11kg。

GL10CS_1024x768a GL10CS_1024x768b
ROG STRIX GL10CSシリーズ

同時リリースされた「ROG STRIX GL10CS」は、GeForce GTX 1050と第8世代Coreシリーズを搭載するエントリーゲーミングデスクトップPC。

製品ラインナップはCore i7-8700を搭載する「GL10CS-I7G1050」と、Core i5-8400を搭載する「GL10CS-I5G1050」の2モデル展開。

その他スペックは共通で、メモリはDDR4 8GB、ストレージはOptane Memory 16GB+1TB HDD、無線機能はIEEE 802.11a/b/g/n/ac無線LANとBluetooth 4.1に対応。OSはWindows 10 Home 64bit版をプリインストールし、本体サイズはW180×D430×H428mm、重量約8kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUS JAPAN株式会社: http://www.asus.com/jp/

totop