新設計Axial-tech Fanを採用するRTX 2080、ASUS「DUAL-RTX2080-EVO」シリーズ

2019.02.12 10:22 更新

2019.02.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer Inc.(本社:台湾)は2019年2月11日(現地時間)、バリアリングを備えた「Axial-tech Fan」を搭載するGeForce RTX 2080グラフィックスカード「DUAL-RTX2080-EVO」シリーズを発表した。
  • 新設計Axial-tech Fanを採用するRTX 2080、ASUS「DUAL-RTX2080-EVO」シリーズ
  • 新設計Axial-tech Fanを採用するRTX 2080、ASUS「DUAL-RTX2080-EVO」シリーズ

静圧を高めるバリアリングを搭載する「Axial-tech Fan」採用

静圧を高める効果があるという、バリアリングを搭載した新設計ファン「Axial-tech Fan」を採用するGeForce RTX 2080グラフィックスカード。製品ラインナップは、Gaming Mode時のブーストクロックが1,725MHz、OC Mode時が1,755MHzの「DUAL-RTX2080-A8G-EVO」と、それぞれ1,710MHz/1,740MHzの「DUAL-RTX2080-8G-EVO」の2モデル展開。

VGAクーラーは2.7スロットを専有するオリジナルデュアルファンクーラーで、55℃を下回るとファンの回転を停止するセミファンレス機能「0dB Technology」と、「Gradient accent」と呼ばれるイルミネーション機能を実装。またコンポーネントの取り付けをオートメーション化した「Auto-Extreme Technology」に対応する。

DUAL-RTX2080_EVO_1000x750c

主なスペックは、コアベースクロック1,515MHz、メモリクロックは14,000MHz、メモリバス幅256bitで、GDDR6 8GBのビデオメモリを搭載。出力インターフェイスはHDMI×1、DisplayPort×3、USB Type-C×1の5系統を備える。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、補助電源コネクタは8+6pin、カードサイズは267×118×58mm。

DUAL-RTX2080_EVO_1000x400
  • GPU:GeForce RTX 2080
  • CUDA数:2,944基
  • コアベースクロック:1,515MHz
  • コアブーストクロック:1,725MHz(Gaming Mode)/1,755MHz(OC Mode)、1,710MHz(Gaming Mode)/1,740MHz(OC Mode)
  • メモリクロック:14,000MHz
  • ビデオメモリ:GDDR6 8GB
  • メモリバス幅:256bit
  • 出力インターフェイス:HDMI×1、DisplayPort×3、USB Type-C×1
  • VGAクーラー:オリジナルデュアルファンクーラー
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8+6pin
  • 外形寸法:267×118×58mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUSTeK Computer Inc.: http://www.asus.com/

totop