ACアダプタ駆動のRyzen対応Thin Mini-ITXマザーボード、ONDA「B320-IPC」

2019.01.23 12:00 更新

2019.01.22 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ONDA Technologies, Inc.(本社:中国)は2019年1月22日(現地時間)、AMD A320チップを採用する、Ryzen対応Thin Mini-ITXマザーボード「B320-IPC」を発表した。
  • ACアダプタ駆動のRyzen対応Thin Mini-ITXマザーボード、ONDA「B320-IPC」
  • ACアダプタ駆動のRyzen対応Thin Mini-ITXマザーボード、ONDA「B320-IPC」

AMD A320チップ採用のThin Mini-ITXマザーボード

Socket AM4対応チップセットAMD A320を採用するThin Mini-ITXマザーボード。電源は12V~19VのACアダプタ駆動で、グラフィックスコアを内蔵した各種APUに対応する。

メモリスロットはDDR4-SODIMM×2(最大32GB/2,666MHz)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×2、M.2(6Gbps)×1。拡張スロットはM.2 2230(ワイヤレスカード用)×1で、ネットワークはRealtek「RTL8111H」ギガビットLANを搭載する。

ディスプレイ出力はHDMI×1、DisplayPort×1。リアインターフェイスはUSB3.0×4、オーディオ端子×2、基板サイズは170×170mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ONDA Technologies, Inc.: http://www.onda.cn/

totop