ノイズキャンセリング機能搭載のネックバンド型ヘッドホン、ソニー「WI-C600N」月末発売

2019.01.10 16:02 更新

2019.01.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ソニー株式会社(本社:東京都港区)は2019年1月10日、ノイズキャンセリング機能を搭載するネックバンド型ワイヤレスヘッドホン「WI-C600N」を発表した。発売は1月26日で、市場想定売価は税抜18,000円前後の予定。
  • ノイズキャンセリング機能搭載のネックバンド型ヘッドホン、ソニー「WI-C600N」月末発売
  • ノイズキャンセリング機能搭載のネックバンド型ヘッドホン、ソニー「WI-C600N」月末発売

ワイヤレスでも音質劣化の少ないBluetoothコーデックaptX、AACに対応

WI-C600N 市場想定売価税抜18,000円前後(1月26日発売予定)
https://www.sony.jp/headphone/products/WI-C600N/

周囲の騒音を抑え、快適なリスニングを実現する、ノイズキャンセリング機能搭載のネックバンド型ヘッドホン。カラーはブラック、グレー、ブルーの3色を用意する。

WI-C600N_1024x768a WI-C600N_1024x768b
ハウジング外側にマグネットを内蔵。コンパクトに持ち運べる携帯性にも優れる

ネックバンド部にNC/AMBIENTボタンを備え、長押しする事で周囲の騒音を分析。3つのノイズキャンセリングモードから最適なモードを選択する「AIノイズキャンセリング」に対応し、環境に合わせた効果的なノイズ低減ができる。

また独自技術「DSEE」は、圧縮音源の高音域をクリアに再現。専用スマートフォンアプリ「Headphones Connect」を利用する事で、好みに合わせたサウンドにカスタマイズが可能。

フレキシブルネックバンドは、首に柔らかくフィットするシリコン製で「L」側に操作ボタンを装備。曲送り/戻り、再生/一時停止、音量調節、さらに電話の着信および終話操作もできる。

その他、カスタマイズできるBluetooth未接続時の自動電源オフ設定、Google アシスタントへの対応、環境音や人の声を取り込む「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」機能を備えた。

ドライバユニットはφ6mm(CCAWボイスコイル採用)で、マグネットはネオジウム。マイク部はエレクトレットコンデンサー型全指向性で、有効周波数帯域は50Hz~8,000Hz。バッテリは充電式リチウムイオン電池を採用し、フル充電時間は2.5時間。バッテリ持続時間は連続再生時最大6.5時間(ノイズキャンセリングOFF時7.5時間)、連続通話時間最大7.5時間(同8.5時間)、待受時間最大22時間(同200時間)。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
ソニー株式会社: https://www.sony.jp/

totop