GIGABYTE「AORUS」から、水冷2モデル、空冷1モデルのOC版RTX 2080 Ti発売決定

2018.12.06 10:42 更新

2018.12.06 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市名古屋市)は2018年12月6日、「AORUS」シリーズのGeForce RTX 2080 Tiグラフィックスカード計3モデルについて、新規取り扱い開始を発表した。市場想定売価は税抜173,980円から181,980円前後。
  • GIGABYTE「AORUS」から、水冷2モデル、空冷1モデルのOC版RTX 2080 Ti発売決定
  • GIGABYTE「AORUS」から、水冷2モデル、空冷1モデルのOC版RTX 2080 Ti発売決定

オーバークロック仕様のRTX 2080計3モデル

GV-N208TAORUS X W-11GC 市場想定売価税抜181,980円前後(12月下旬発売予定)
https://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/nvidia-graphics/gv-n208taorus_x_w-11gc/release/
GV-N208TAORUS X WB-11GC 市場想定売価税抜181,980円前後(12月中旬発売予定)
https://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/nvidia-graphics/gv-n208taorus_x_wb-11gc/release/
GV-N208TAORUS X-11GC 市場想定売価税抜173,980円前後(12月中旬発売予定)
https://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/nvidia-graphics/gv-n2080taorus_x-11gc/release/

GIGABYTEの最上位ゲーミング「AORUS」シリーズから、オリジナル基板を採用するオーバークロック仕様のGeForce RTX 2080 Tiグラフィックスカード計3モデルの国内発売がアナウンス。いずれも12月中より販売が開始される。

「GV-N208TAORUS X W-11GC」は、240mmラジエターを採用するオールインワン水冷クーラー搭載モデル。コアクロックは1,770MHz(同1,545MHz)、メモリクロックは14,140MHz(同14,000MHz)、メモリバス幅352bitで、GDDR6 11GBのビデオメモリを搭載。補助電源コネクタは8pin×2で、ボードサイズは290×131.05×40.41mm、チューブ長は395mm±1.5%。なお詳細スペックはこちらのグローバルリリースを参照のこと。

2080ti_wb_1024x768a 2080ti_wb_1024x768d
GV-N208TAORUS X WB-11GC

「GV-N208TAORUS X WB-11GC」は、フルカバーウォーターブロックを搭載したDIY水冷向けモデル。コアクロックは1,770MHz(同1,545MHz)、メモリクロックは14,140MHz(同14,000MHz)、メモリバス幅352bitで、GDDR6 11GBのビデオメモリを搭載。補助電源コネクタは8pin×2で、ボードサイズは291.29×159.05×28.7mm。なお詳細スペックはこちらのグローバルリリースを参照のこと。

gvn208taorusx11gc_991x744a gvn208taorusx11gc_640x480b
GV-N208TAORUS X-11GC

「GV-N208TAORUS X-11GC」は、3基の100mm大口径ファンをスタックして実装した「WINDFORCE 3X」クーラーを搭載する空冷モデル。コアクロックは1,770MHz(同1,545MHz)、メモリクロックは14,140MHz(同14,000MHz)、メモリバス幅352bitで、GDDR6 11GBのビデオメモリを搭載。補助電源コネクタは8pin×2で、カードサイズは290×134.31×59.9mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop