ADATA、3D QLC NAND採用のエントリーSATA3.0 SSD「SU630」シリーズ

2018.11.16 12:00 更新

2018.11.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ADATA Technology(本社:台湾)は2018年11月15日(現地時間)、3D QLC NANDフラッシュを採用する2.5インチSATA3.0(6Gbps)SSD「SU630」シリーズを発表した。容量ラインナップは240GB~960GB。
  • ADATA、3D QLC NAND採用のエントリーSATA3.0 SSD「SU630」シリーズ
  • ADATA、3D QLC NAND採用のエントリーSATA3.0 SSD「SU630」シリーズ

書込速度を改善する「Dynamic SLC Caching」搭載

SU630シリーズ
ASU630SS-240GQ-R(240GB)/ASU630SS-480GQ-R(480GB)/ASU630SS-960GQ-R(960GB)
http://www.adata.com/us/feature/591

1セルあたり4bitのデータを保存できる、3D QLD NANDフラッシュを採用するエントリー向けSATA3.0(6Gbps)SSD。容量ラインナップは240GB、480GB、960GBの計3モデル展開。

NANDフラッシュの一部をSLCモードで利用する「Dynamic SLC Caching」機能により、QLC NANDフラッシュの欠点である書き込み速度を向上。またデータの整合性を維持するため「Advanced LDPC ECC」機能を搭載する。

転送速度はシーケンシャル読込最高520MB/sec、書込最高450MB/sec、ランダム読込は最高40,000 IOPS、書込最高65,000IOPS。書込耐性は240GBモデルが50TBW、480GBモデルが100TBW、960GBモデルが200TW。MTBFは150万時間で、製品保証は2年間。

耐衝撃性は1,500G/0.5ms、動作温度は0~70℃。本体サイズはW69.85×D100.45×H7mm、重量約47.5g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ADATA Technology Co., Ltd.: http://www.adata.com.tw/

totop