SENSE∞、音楽制作向けミドルタワーPC計2機種をリリース

2018.11.09 18:00 更新

2018.11.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社ユニットコム(本社:大阪市浪速区)は2018年11月9日、iiyamaPCブランドのSENSE∞より、DAW(音楽制作)向けとされるミドルタワーPC計2機種を発表。即日受注を開始した。基本構成売価は税抜99,980円より。
  • SENSE∞、音楽制作向けミドルタワーPC計2機種をリリース

Intel OptaneメモリをHDDキャッシュとして使用

Digital Audio Workstation向けに企画された、ミドルタワーPCの新型モデル。特徴はIntel OptaneメモリをHDDキャッシュとして使用し、データの読み込み短縮により快適なDAW・DTM制作環境が構築できる。

いずれもOSにWindows 10 Home 64bitをプリインストール。PCケースにIn Win「EA040」(W190xD485xH424mm)を採用し、各種カスタマイズに対応する。なおディスプレイはオプション扱いで、日本語キーボード、光学式マウスが付属する。

「SENSE-R039-i5P-UH-DAC」(基本構成売価税抜99,980円)は、Intel Core i5-8400(Coffee Lake/6コア/2.80GHz/TB時最大4.0GHz/9MB/TDP65W)を搭載。マザーボードはIntel Z390 ExpressチップのASUS「PRIME Z390-A」を採用し、グラフィックにIntel UHD Graphics 630(CPU内蔵)を利用。DDR4 8GB(PC4-19200/4GBx2)メモリ、1TB HDD(SATA)+16GB Intel Optaneメモリ、500W(80PLUS BRONZE)電源ユニット等で構成される。

「SENSE-R039-i7P-UHR-DAC」(基本構成売価税抜149,980円)は、CPUにIntel Core i7-8700(Coffee Lake/6コア/12スレッド/3.20GHz/TB時最大4.30GHz/12MB/TDP65W)を搭載する上位モデル。主な違いはメモリ容量が16GB(8GBx2)に増量され、ストレージに240GB SSD(SATA)、2TB HDD(SATA)+32GB Intel Optaneメモリを備え、差別化を図った。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
株式会社ユニットコム: https://www.unitcom.co.jp/
iiyamaPC: https://www.iiyama-pc.jp/

totop