MSI、GeForce RTX 2070グラフィックスカード全8モデル発表

2018.10.11 10:57 更新

2018.10.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2018年10月10日(現地時間)、GeForce RTX 2070を搭載するグラフィックスカード「GeForce RTX 2070 DUKE 8G OC」など、全8モデルを発表した。
  • MSI、GeForce RTX 2070グラフィックスカード全8モデル発表
  • MSI、GeForce RTX 2070グラフィックスカード全8モデル発表

トリプルファンクーラーを搭載する「DUKE」シリーズ

2070duke_1024x768a 2070duke_1024x768b

トリプルファンの大型クーラーを搭載する「DUKE」シリーズには、ブーストクロック1,755MHzのオーバークロックモデル「GeForce RTX 2070 DUKE 8G OC」と、Founders Editionと同じブーストクロック1,710MHzの「GeForce RTX 2070 DUKE 8G」の2モデルがラインナップ。

いずれもVGAクーラーには、基板全面を覆う大型のヒートシンクと、ダブルボールベアリングを採用する「TORX Fan 2.0」を搭載。また基板裏面には、放熱をサポートするバックプレートを標準装備する。

主なスペックはメモリクロックが14Gbps、メモリバス幅256bitで、GDDR6 8GBのビデオメモリを搭載。出力インターフェイスはDisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1、USB Type-C×1。補助電源コネクタは8+6pinで、本体サイズは314×116×40mm、重量1,024g

「TWIN FROZR 7」を搭載する「GAMING」シリーズ

2070Gaming_1024x768a 2070Gaming_1024x768b

最新デュアルファンクーラー「TWIN FROZR 7」を搭載する「GAMING」シリーズには、ブーストクロック1,830MHzの「GeForce RTX 2070 GAMING Z 8G」、1,710MHzの「GeForce RTX 2070 GAMING X 8G」、1,620MHzの「GeForce RTX 2070 GAMING 8G」の3モデルがラインナップ。

冷却ファンは「Traditional Fan Blade」を改良し、風量を高めた「TORX Fan 2.0」を採用。クーラーカバーには「Mystic Light」対応のRGB LEDライティング機能を備え、低負荷時にはファンの回転を停止するセミファンレス機能「Zero Frozr」に対応する。

その他、メモリクロックなどのスペックやインターフェイスは「DUKE」シリーズと同等。本体サイズは307×155×50mm、重量1,485g。

デュアルファンクーラーを搭載する「ARMOR」シリーズ

2070Aromr_1024x768a 2070Aromr_1024x768b

「TORX Fan 2.0」によるデュアルファンクーラーを搭載する「ARMOR」シリーズには、ブーストクロック1,710MHzの「GeForce RTX 2070 ARMOR 8G OCV1」と、1,620MHzの「GeForce RTX 2070 ARMOR 8G」の2モデルがラインナップ。

こちらもメモリクロックなどのスペックやインターフェイスは「DUKE」シリーズと同等。本体サイズは309×155×50mm、重量1,177gで、「Mystic Light」対応のRGB LEDライティング機能を搭載する。

唯一の外排気モデル「AERO」

2070aero_1024x768a 2070aero_1024x768b

「GeForce RTX 2070 AERO 8G」は、今回発表された中で唯一の外排気モデル。ブーストクロックは1,620MHzで、その他基本スペックは「DUKE」シリーズと同等。本体サイズは268×114×41mm、重量880g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://www.msi.com/

totop