製品カテゴリー刷新。次世代CPUに対応するMSI Z390シリーズ計9モデル発売

2018.10.09 01:01 更新

2018.10.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2018年10月9日、次世代CPUに対応するIntel Z390チップセット搭載マザーボード「MEG Z390 GODLIKE」など計9モデルについて、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は10月9日より順次開始され、市場想定売価は税抜13,280円から税抜69,980円。
  • 製品カテゴリー刷新。次世代CPUに対応するMSI Z390シリーズ計9モデル発売
  • 製品カテゴリー刷新。次世代CPUに対応するMSI Z390シリーズ計9モデル発売

エンスージアスト向け「MEG」シリーズ

MEG Z390 GODLIKE 市場想定売価税抜69,980円
https://jp.msi.com/Motherboard/MEG-Z390-GODLIKE
MEG Z390 ACE 市場想定売価税抜36,980円
https://jp.msi.com/Motherboard/MEG-Z390-ACE

「ENTHUSIAST GAMING」に相当するエンスージアスト向け「MEG」シリーズには、18+2フェーズ電源回路を搭載するE-ATXフォームファクタのフラッグシップモデル「MEG Z390 GODLIKE」に加え、12+1フェーズの電源回路を採用する「MEG Z390 ACE」の2モデルがラインナップ。

「MEG Z390 GODLIKE」には、デバッグ機能付きのハードウェアモニタ「Dynamic Dashboard」の他、「Killer E2500」のデュアルギガビットLANと「Killer Wireless-AC 1550」の無線LANで構成される「Killer Double Shot-X3 Pro」を搭載。また家庭用ゲーム機やスマートフォンから映像をPCに取り込み、ストリーミング配信できる「Streaming Boost」と、2枚のM.2スロットを増設できる「M.2 XPANDER-Z」が付属する。

03_meg_z390_ace_1024x768a 03_meg_z390_ace_1024x768b
MEG Z390 ACE

下位モデル「MEG Z390 ACE」は、ネットワークに「Killer E2500」のギガビットLANと、「Intel Wireless-AC 9560」無線LAN機能を標準装備。なお「Streaming Boost」と「M.2 XPANDER-Z」は省略されている。

性能とスタイリッシュな外観を両立した「MPG」シリーズ

MPG Z390 GAMING PRO CARBON 市場想定売価税抜24,580円
https://jp.msi.com/Motherboard/MPG-Z390-GAMING-PRO-CARBON
MPG Z390 GAMING EDGE AC 市場想定売価税抜21,980円
https://jp.msi.com/Motherboard/MPG-Z390-GAMING-EDGE-AC
MPG Z390M GAMING EDGE AC 市場想定売価税抜21,980円
https://jp.msi.com/Motherboard/MPG-Z390M-GAMING-EDGE-AC
MPG Z390I GAMING EDGE AC 市場想定売価税抜18,980円
https://jp.msi.com/Motherboard/MPG-Z390I-GAMING-EDGE-AC
MPG Z390 GAMING PLUS 市場想定売価税抜14,980円
https://jp.msi.com/Motherboard/MPG-Z390-GAMING-PLUS
05_mpg_z390_gaming_pro_carbon_1024x768a 06_mpg_z390_gaming_pro_carbon_1024x768b
MPG Z390 GAMING PRO CARBON

「PERFORMANCE GAMING」に変わる「MPG」シリーズは、幅広いゲームに対応できる機能に加え、スタイリッシュなシステムを構築できる充実したライティング機能を搭載。製品ラインナップは、コンセプトカーをモチーフにしたという「MPG Z390 GAMING PRO CARBON」を筆頭に、刀をモチーフにしたハイエンドモデル「MPG Z390 GAMING EDGE AC」、そのMicroATXモデル「MPG Z390M GAMING EDGE AC」、Mini-ITXモデル「MPG Z390I GAMING EDGE AC」、そしてコストパフォーマンスを追求した「MPG Z390 GAMING PLUS」の5モデルが用意される。

08_mpg_z390_gaming_edge_ac_1024x768b 10_mpg_z390m_gaming_edge_ac_1024x768a
MPG Z390 GAMING EDGE AC MPG Z390M GAMING EDGE AC

いずれも、有線LANはIntelチップによるギガビットLANで、LEDライティング機能は最新世代の「Mystic Light 3」を搭載。さらに上位モデルにはIntelチップによる無線LAN機能や、第9世代Intel Coreシリーズの性能を最大限に引き出す、8+4pinのATX 12V補助電源コネクタを備える。

11_mpg_z390i_gaming_edge_ac_1024x768a 12_mpg_z390_gaming_plus_1024x768a
MPG Z390I GAMING EDGE AC MPG Z390 GAMING PLUS

機能を厳選した「MAG」シリーズとビジネス向け「PRO」シリーズ

MAG Z390 TOMAHAWK 市場想定売価税抜18,480円
https://jp.msi.com/Motherboard/MAG-Z390-GAMING-TOMAHAWK
Z390-A PRO 市場想定売価税抜13,280円
https://jp.msi.com/Motherboard/Z390-A-PRO
13_mag-z390_tomahawk_1024x768a 14_z390-a_pro_1024x768a
MAG Z390 TOMAHAWK Z390-A PRO

機能を厳選した質実剛健モデル「ARSENAL GAMING」に変わる「MAG」シリーズ。その第1弾モデルとして国内発売が開始されるのは、ミドルレンジに位置づけられる「MAG Z390 TOMAHAWK」。このクラスの製品では始めて、M.2ヒートシンク「M.2 Shield Frozr」や組込式のI/Oパネルを採用。さらにヒートシンクの大型化により、オーバークロック耐性が高められている。

またビジネス向け「PRO」シリーズからは、D-Sub出力を搭載する「Z390-A PRO」が発売開始。電源回路にはデジタルPWMを採用しており、24時間365日、常に安定した動作が期待できる。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://www.msi.com/

totop