デュアルコアCPU内蔵で同時アクセスでも速いネットワークHDD、バッファロー「LS5x0DG」シリーズ

2018.09.20 15:00 更新

2018.09.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社バッファロー(本社:愛知県名古屋市)は2018年9月20日、デュアルコアCPUを内蔵するネットワーク対応HDD(NAS)の新モデル「LS510DG」「LS520DG」シリーズを発表した。出荷開始はいずれも10月中旬予定。
  • デュアルコアCPU内蔵で同時アクセスでも速いネットワークHDD、バッファロー「LS5x0DG」シリーズ
  • デュアルコアCPU内蔵で同時アクセスでも速いネットワークHDD、バッファロー「LS5x0DG」シリーズ

機能充実のネットワークNAS新モデル計8製品

LS510DGシリーズ(10月中旬発売予定)
LS510D0101G(1TB) 市場想定売価税抜19,900円
LS510D0201G(2TB) 市場想定売価税抜21,000円
LS510D0301G(3TB) 市場想定売価税抜23,200円
LS510D0401G(4TB) 市場想定売価税抜29,900円
http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls510dg/
LS510DGシリーズ(10月中旬発売予定)
LS520D0202G(2TB) 市場想定売価税抜33,300円
LS520D0402G(4TB) 市場想定売価税抜41,100円
LS520D0602G(6TB) 市場想定売価税抜48,900円
LS520D0802G(8TB) 市場想定売価税抜63,500円
http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls520dg/

デュアルコアCPUを内蔵する、ネットワーク対応HDD「リンクステーション」の最新機種。今回リリースされたのは、HDDを1台内蔵する「LS510DG」シリーズ(1TB/2TB/3TB/4TB)と、RAID 1対応のHDD2を2台内蔵する「LS520DG」シリーズ(2TB/4TB/6TB/8TB)の計8製品がラインナップする。

いずれも100MB/secの高速転送を実現し、複数による同時アクセスでも快適に動作。撮りためた写真や動画、音楽などを家庭内で共有するシーンに向く。

LS510D0101G_1024x768b LS520D0202G_1024x768b

さらにDLNA対応TVやオーディオ機器、DTCP・IP対応TVやレコーダー、バックアップやファイルの共有ができる他、外出先からもアクセスできる「WebAccess」に対応。モバイル端末からのリモート操作ができる。その他、無駄な電量消費を抑える2段階省電力機能を備えた。

「LS510DG」シリーズの外形寸法はW45xD205xH128mm、重量約1.1kg。インターフェイスは1000BASE-T有線LAN、USB3.0。「LS520DG」シリーズの外形寸法はW87xD205xH127.5mm、重量約2.5kg。インターフェイスは1000BASE-T有線LAN、USB3.0。対応OSはWindows 10/8.1/7、Mac OS X 10.11/10.12/10.13、iOS 10.0以降、Android 4.4以降。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
株式会社バッファロー: http://buffalo.jp/

totop