NVIDIA、世界初のレイトレーシングGPU「Quadro RTX」シリーズ計3モデル

2018.08.14 10:00 更新

2018.08.13 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2018年8月13日(現地時間)、世界最大級のCGカンファレンス「SIGGRAPH 2018」にて、レイトレーシングGPU「Quadro RTX」シリーズ計3モデルを発表した。製品出荷は2018年第4四半期予定で、価格は2,300ドル~10,000ドル。
  • NVIDIA、世界初のレイトレーシングGPU「Quadro RTX」シリーズ計3モデル

ビデオメモリ最大48GBのレイトレーシングGPU

Quadro RTXシリーズ(2018年第4四半期出荷予定)
Quadro RTX 8000 市場想定売価10,000ドル
Quadro RTX 6000 市場想定売価6,300ドル
Quadro RTX 5000 市場想定売価2,300ドル
https://nvidianews.nvidia.com/news/nvidia-unveils-quadro-rtx-worlds-first-ray-tracing-gpu

NVIDIAは、世界最大級のCGカンファレンス「SIGGRAPH 2018」にて、世界初を謳うレイトレーシング向けGPU「Quadro RTX」シリーズ計3モデルを発表した。

最大4,608基のCUDAコアと最大576基のTensorコアに加え、RTコアを統合した新設計の「Streaming Multiprocessor」を採用し、レイトレーシング性能は10 GigaRays/sec、さらに物理演算性能は浮動小数点演算と整数演算の並行処理でも16TFLOPSに達するとしている。

製品ラインナップは、CUDAコア数4,608基、Tensorコア576基、ビデオメモリGDDR6 48GBの「Quadro RTX 8000」を筆頭に、CUDAコア数4,608基、Tensorコア576基、ビデオメモリGDDR6 24GBの「Quadro RTX 6000」、CUDAコア数3,072基、Tensorコア384基、ビデオメモリGDDR6 16GBの「Quadro RTX 5000」の計3モデル。

quadro_rtx_5000_400x300 quadro_rtx_6000_400x300
Quadro RTX 5000 Quadro RTX 6000

いずれもビデオメモリはSamsung製で、2つのGPUを最高100GB/secの高速リンクで接続し、ビデオメモリを2倍に拡張するNVLinkや、次世代VR HMDとUSB Type-Cケーブル1本で接続できるVirtualLinkに対応する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
NVIDIA Corporation: http://www.nvidia.com/

totop