Broadcom、NVMe-of向け100ギガビットLANアダプタ「PS1100R」シリーズ

2018.08.13 10:56 更新

2018.08.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Broadcom(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年8月10日(現地時間)、NVMe-of向け100ギガビットLANアダプタ「PS1100R」シリーズを発表した。
  • Broadcom、NVMe-of向け100ギガビットLANアダプタ「PS1100R」シリーズ

イーサネット経由でSSDを接続するNVMe over Fabricsに対応

PS1100Rシリーズ
BCM958804A8041C(パッシブヒートシンク)/BCM958804A8040C(アクティブヒートシンク)
https://www.broadcom.com/products/ethernet-connectivity/network-adapters/ps1100r

イーサネットに直接NVMe SSDを接続するNVMe over Fabrics(NVMe-of)に対応する100ギガビットLANアダプタ。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)で、パッシブヒートシンクモデルとアクティブヒートシンクモデルがラインナップされる。

プロセッサには、100ギガビットネットワークコアとARMプロセッサを組み合わせた製造プロセス16nm FF+のデータセンター向けSoC「Stingray BCM58804H」を搭載し、業界最高レベルの性能を維持したまま省電力化を実現。さらにプロトコルはRoCE(RDMA over Converged Ethernet)v1/v2とTCPをサポートし、幅広いシステムで利用することができる。

PS1100R_1024x590

主なスペックは、ARMプロセッサが3.0GHzのCortex-A72(キャッシュ16MB)、メモリはDDR4-2400 8GB(64bit)で、PCI-Express3.0のレーン構成は(x2)×8、(x4)×4、(x8)×2に対応。ネットワークのリンクスピードは25/50/100ギガビットの3段階をサポートする。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Broadcom: https://www.broadcom.com/

totop