グラフィックスカードを増設できるAI機械学習対応NAS、QNAP「TS-1677X」

2018.07.17 15:18 更新

2018.07.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
QNAP System(本社:台湾)国内正規代理店のテックウィンド株式会社(本社:東京都文京区)は2018年7月17日、GPUアクセラレーションによるAI機械学習対応NAS「TS-1677X」(型番:TS-1677X-1700-16G)について、新規取り扱い開始を発表した。発売日は7月20日で、市場想定売価は税込478,800円。
  • グラフィックスカードを増設できるAI機械学習対応NAS、QNAP「TS-1677X」
  • グラフィックスカードを増設できるAI機械学習対応NAS、QNAP「TS-1677X」

8コア/16スレッド対応のAMD Ryzen 7 1700搭載

TS-1677X(型番:TS-1677X-1700-16G) 市場想定売価税込478,800円(7月20日発売)
https://www.tekwind.co.jp/QNA/information/entry_760.php
https://www.tekwind.co.jp/QNA/products/entry_13927.php

拡張スロットにグラフィックスカードを増設することで、GPUアクセラレーションによるAI機械学習機能に対応するNASストレージ。拡張スロットはPCI-Express3.0(x8)×1、PCI-Express3.0(x4)×2で、グラフィックスカード以外にUSB3.1 Gen.2カードや10/40ギガビットLANアダプタ、QM2拡張カードを増設できる。

ドライブベイは3.5インチSATA3.0(6Gbps)ベイ×12、2.5インチSATA3.0(6Gbps)ベイ×4の16段で、アクセス頻度に基づいてファイルおよびデータを階層化する自動階層化機能「Qtier 2.0」と、データをキャッシュする「SSDキャッシング」機能を搭載する。

TS-1677X_1000x750c TS-1677X_1000x750d

主なスペックは、CPUは8コア/16スレッドのRyzen 7 1700、メモリはDDR4 16GB(8GB×2/メモリスロットはLong DIMM×4)、ネットワークは10ギガビットLAN×2、ギガビットLAN×4。インターフェイスはUSB3.0×8(Type-A×7/Type-C×1)を備えた。

外形寸法は、W369.89×D319.8×H303.84mm、重量13.39kg。電源ユニットは550Wで、冷却ファンはシステムファンが92mm×3、CPUが90mm×2。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
テックウインド株式会社: http://www.tekwind.co.jp/
QNAP Systems,Inc.: http://www.qnap.com/

totop