デュアル10G LANを搭載するMicroATXマザーボード、ASRock Rack「C3558D4U-2OP」

2018.07.05 11:02 更新

2018.07.04 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)のサーバー/ワークステーション向けブランドASRock Rackは2018年7月4日(現地時間)、デュアル10ギガビットLANに対応するMicroATXマザーボード「C3558D4U-2OP」を発表した。
  • デュアル10G LANを搭載するMicroATXマザーボード、ASRock Rack「C3558D4U-2OP」
  • デュアル10G LANを搭載するMicroATXマザーボード、ASRock Rack「C3558D4U-2OP」

TDP16Wの省電力SoC Atom C3558を搭載

デュアル10ギガビットLAN(SFP)に対応するサーバー向けMicroATXマザーボード。プロセッサにはIntelの省電力サーバー向けSoC、Atom C3558(4コア/2.20GHz/キャッシュ8MB/TDP16W/Denverton)を採用する。

メモリスロットはDDR4-2133×4本で、ECC RDIMM搭載時は最大128GB、ECC/non-ECC UDIMM搭載時でも最大64GBまで増設が可能。ストレージはSoC接続のSATA3.0(6Gbps)×4、M.2×1(PCIex4/SATA兼用)とMarvell 9172×2によるSATA3.0(6Gbps)×4を搭載。拡張スロットはPCI-Express3.0(x8)×1、PCI-Express3.0(x4)×1で、いずれもエッジフリースロットを採用する。

グラフィックス・マネジメントコントローラはASPEED「AST2500」、マネジメントLANはギガビット対応で、グラフィックス出力はD-Sub×1(1,920×1,200ドット@60Hz)を標準装備。リアインターフェイスはUSB2.0×2、シリアルポート×1を備えた。

対応OSはWindows Server 2016/2012/2012 R2、 RedHat Enterprise Linux Server 7.4、CentOS 7.3、SUSE Enterprise Linux Server 12 SP3、Fedora core 24、Ubuntu 16.10/17.04。

C3558D4U-2OP-3(L)

  • プロセッサ:Atom C3558(4コア/2.20GHz/キャッシュ8MB/TDP16W/Denverton)
  • チップセット:SoC内蔵
  • フォームファクタ:MicroATX
  • メモリスロット:DDR4-2133×4(最大128GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x8)×1、PCI-Express3.0(x4)×1
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×8、M.2×1
  • LAN:10ギガビットLAN×2、マネジメントギガビットLAN×1
  • サウンド:非搭載
  • インターフェイス:USB2.0×2、10ギガビットLAN×2、マネジメントギガビットLAN×1、シリアルポート×1、D-Sub×1
  • 外形寸法:244×244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation(ARock Rack): http://www.asrockrack.com/

totop