0~60℃のワイドレンジ対応Intel H370搭載MicroATXマザー、GIGABYTE「MCH37AM」

2018.07.02 12:15 更新

2018.06.29 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2018年6月29日(現地時間)、デュアルギガビットLANを搭載するIntel H370チップ採用MicroATXマザーボード「MCH37AM」を発表した。
  • 0~60℃のワイドレンジ対応Intel H370搭載MicroATXマザー、GIGABYTE「MCH37AM」
  • 0~60℃のワイドレンジ対応Intel H370搭載MicroATXマザー、GIGABYTE「MCH37AM」

Intel&RealtekのデュアルギガビットLAN搭載

GIGABYTEは、Intel H370チップを採用するMicroATXマザーボード「MCH37AM」を発表した。ソケットはLGA1151で、第8世代Coreシリーズに対応する。

0~60℃の広温度域に対応し、ネットワークはIntel I219VとRealtek RTL8111HSによるデュアルギガビットLANを標準装備。さらにRS-232C対応のCOMポートに加え、3ポート分のCOMピンヘッダを備え、組み込み向け用途に向く。

主なスペックはメモリスロットがDDR4-2666×4(最大64GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、M.2×1(PCI-Express3.0x4対応)で、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x4)×1、PCI-Express3.0(x1)×2の4本を搭載。

基板サイズは244×244mm、OSはWindows 10 64bit版をサポートする。

MCH37AM_1024x190

  • ソケット:LGA1151
  • チップセット:Intel H370
  • フォームファクタ:MicroATX
  • メモリスロット:DDR4-2666×4(最大64GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×1、PCI-Express3.0(x4)×1、PCI-Express3.0(x1)×4
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6、M.2×1
  • LAN:ギガビットLAN×2(Intel I219V/Realtek RTL8111HS)
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC888S)
  • インターフェイス:USB3.1 Gen.2×1、USB3.1 Gen.1×3、オーディオ端子×3、COM×1、ギガビットLAN×2、HDMI×1、DVI×1、D-Sub×1
  • 外形寸法:244×244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop