GIGABYTE、2Uサイズで256コア/512スレッド対応のEPYCサーバー「H261-Z60」

2018.06.29 14:51 更新

2018.06.29 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2018年6月29日、2Uラックマウントサイズに8基のEPYCを搭載できる4ノード高密度サーバー「H261-Z60」を発表した。
  • GIGABYTE、2Uサイズで256コア/512スレッド対応のEPYCサーバー「H261-Z60」
  • GIGABYTE、2Uサイズで256コア/512スレッド対応のEPYCサーバー「H261-Z60」

フロント部分には24段の2.5インチドライブベイを搭載

「H261-Z60」は、2Uラックマウントサイズに4ノードを内蔵できる高密度サーバー。ノードあたり2基のAMD EPYCを搭載でき、システム全体では最大8基、256コア/512スレッド構成が可能になる。

またフロントベイにはホットスワップ対応の2.5インチSATA/SASベイを24段搭載。各ノードにもPCI-Express3.0(x4)接続のM.2スロットを2基備え、大容量なストレージサーバーなどにも向く。

H261-Z60_1000x750c

ノードあたりのスペックはメモリスロットがDDR4-2666×16(8チャネル)、ネットワークはギガビットLAN×2、マネジメントポート×1、ビデオ出力はAspeed AST2500によるD-Subを備え、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2(ロープロファイル)、OCPメザニンスロット×1。

電源ユニット80PLUS PLATINUM認証の2,200W×2(リダンダント対応)、冷却ファンは80×80×38mm×8(16,300rpm)、外形寸法はW440×D820×H87mm、重量35kg。OSはWindows Server 2016/2012 R2、Red Hat Enterprise Linux 7.3/6.9、SUSE Linux Enterpriser Server 12.2/11.4、Ubuntu 17.04/16.04、VMware ESXi 6.5に対応する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: https://b2b.gigabyte.com/

totop