DDR4エディタ「SPD PROGRAMMER 2」に、スロット交換&SODIMM対応の上位モデル登場

2018.06.22 16:33 更新

2018.06.22 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
センチュリーマイクロ株式会社(本社:東京都品川区)は2018年6月22日、DDR4メモリのクロック情報やSPD情報を設定できるSPDエディター&EEPROMライターの上位モデル「SPD PROGRAMMER 2 Professional Edition」を発表した。発売は2018年6月下旬より開始され、直販価格は税抜39,800円。
  • DDR4エディタ「SPD PROGRAMMER 2」に、スロット交換&SODIMM対応の上位モデル登場
  • DDR4エディタ「SPD PROGRAMMER 2」に、スロット交換&SODIMM対応の上位モデル登場

DIMMスロットが交換式になった上位モデル

SPD PROGRAMMER 2 Professional Edition 直販価格税抜39,800円(6月下旬発売)
http://www.century-micro.co.jp/company/news/20180622_1

DDR4メモリのクロック情報やSPD情報を設定できる、センチュリーマイクロのSPDエディター&EEPROMライター「SPD PROGRAMMER 2 Lite Edition」に、DIMMスロットが交換できる上位モデル「SPD PROGRAMMER 2 Professional Edition」が登場した。

製品には予備の交換用DIMMソケットやSODIMM変換アダプタが付属し、DDR4-SODIMMメモリにも対応するのが特徴。またソフトウェアも変更され、簡易編集画面によるクロック周波数やレイテンシなどのタイミングコントロールに加え、SPDの全領域をBin値またはHex値で修正できるようになった。

spdpgm2pro_754x569
ソフトウェアも改善され、SPDの全領域をBin値またはHex値で修正できる

なお「Professional Edition」のリリースに伴い、「Lite Edition」のソフトウェアが共通化され同等の編集作業が可能。また6月21日までに「Lite Edition」を購入したユーザーには、「Professional Edition」と同じ基板に税抜9,800円でアップグレードできる「SPD PROGRAMMER 2 Professional Edition アップグレードキャンペーン」を開催中だ(7月31日まで)。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
センチュリーマイクロ株式会社: http://www.century-micro.co.jp/

totop