256bit AESハードウェア暗号化対応のSATA3.0 SSD、Kingston「UV500」シリーズ

2018.04.17 11:14 更新

2018.04.16 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Kingston Technology(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2018年4月16日、Marvell製コントローラと3D TLC NANDフラッシュを採用するSATA3.0(6Gbps)SSD「UV500」シリーズを発表した。フォームファクタは2.5インチ、M.2、mSATAの3種で、容量は120GB~1.92TB。
  • 256bit AESハードウェア暗号化対応のSATA3.0 SSD、Kingston「UV500」シリーズ

フォームファクタは2.5インチ/M.2/mSATAの3種類が選択可能

AES 256bitハードウェア暗号化機能を搭載するSATA3.0(6Gbps)SSDの新製品。フォームファクタは2.5インチ、M.2、mSATAで、容量は120GB、240GB、480GB、960GB(M.2/2.5インチのみ)、1.92TB(2.5インチのみ)。

コントローラはMarvell「88SS1074」、NANDフラッシュは3D TLCを採用し、転送速度はシーケンシャル読込520MB/sec、書込500MB/sec、ランダム読込79,000 IOPS、書込45,000 IOPS。書込耐性は120GBが60TBW、240GBが100TBW、480GBが200TBW、960GBが480TBW、MTBFは100万時間で、製品保証は5年間。

外形寸法は2.5インチモデルがW69.85×D100.1×H7mm、M.2がW22×D80×H3.5mm、mSATAがW29.85×D50.8×H4.85mm。なお2.5インチモデルにはUSBエンクロージャや3.5インチブラケット、データクローンツールなどが付属する「Desktop/Notebook upgrade Kit」も用意される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Kingston Technology: http://www.kingston.com/

totop