リンクス、Transcend製M.2 SSDとメモリを搭載するECS「LIVA Z」2種発売

2018.02.09 20:23 更新

2018.02.09 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ECS
株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)は2018年2月9日、Elitegrpup Computer Systems(ECS 本社:台湾)の超小型デスクトップPC「LIVA Z」に、Transcendメモリ/M.2 SSDを搭載するバリエーションモデルを発表した。
  • リンクス、Transcend製M.2 SSDとメモリを搭載するECS「LIVA Z」2種発売
  • リンクス、Transcend製M.2 SSDとメモリを搭載するECS「LIVA Z」2種発売

リンクス限定のバリエーションモデル

LIVA Z TS(N3350) オープンプライス(発売中)
LIVAZ-4/120-W10(N3350)TS(4GB)
LIVAZ-8/120-W10(N3350)TS(8GB)
LIVAZ-16/120-W10(N3350)TS(16GB)
http://www.links.co.jp/item/liva-z-tsn3350/
LIVA Z Pro TS(N3450) オープンプライス(発売中)
LIVAZ-4/120-W10Pro(N3450)TS(4GB)
LIVAZ-8/120-W10Pro(N3450)TS(8GB)
LIVAZ-16/120-W10Pro(N3450)TS(16GB)
http://www.links.co.jp/item/liva-z-pro-tsn3450/

ECS国内正規代理店、リンクスインターナショナル限定モデル。直営のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングサイトで購入できる。

ラインナップは「LIVA Z TS」(N3350)「LIVA Z Pro TS」(N3450)で、前者はIntel Celeron N3350(Apollo Lake/デュアルコア/1.10GHz/バースト2.40GHz/2MBキャッシュ/TDP6W)とWindows 10 Home 64bit構成。後者はIntel Celeron N3450(Apollo Lake/クアッドコア/1.10GHz/バースト2.20GHz/2MBキャッシュ/TDP6W)とWindows 10 Pro 64bitを搭載し、差別化を図った。いずれもDDR3Lメモリ4GB、8GB、16GB搭載モデルが用意される。

採用メモリはTranscend製DDR3L-1600 SO-DIMM、ストレージはSilicon Motion製コントローラと3D TLC NAND採用Transcend製M.2 2242 SSD「TS120GMTS420」を使用した。

その他、従来モデルからの変更はない。外形寸法は117×128×33mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
Elitegroup Computer Systems(ECS): http://www.ecs.com.tw/
株式会社リンクスインターナショナル: http://www.links.co.jp/

totop