Intel、エッジ・コンピューティング対応の新型SoC「Xeon D-2100」を発表

2018.02.08 12:32 更新

2018.02.07 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Intel Corporation(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2018年2月7日(現地時間)、エッジ・コンピューティング能力を強化したSoC「Xeon D-2100」を発表した。
  • Intel、エッジ・コンピューティング対応の新型SoC「Xeon D-2100」を発表

低遅延の高度な処理を要求する次世代アプリケーションに対応

Intel Xeon D-2100 Processor Extends Intelligence to Edge, Enabling New Capabilities for Cloud, Network and Service Providers
https://newsroom.intel.com/news/intel-xeon-d-2100-extends-intelligence-edge-enabling-new-capabilities-cloud-network-service-providers/

今後より一層需要が高まると予想されるエッジ・コンピューティングに対応した最新SoC「Xeon D-2100」が発表された。複雑な処理に時間のかかる従来のクラウド・コンピューティングの欠点を克服、5Gによる自動運転や産業用IoTセンサーなど、遅延の許されないアプリケーションを素早く処理できる。

Xeon-D2100_800x600

14nmプロセスで構成される、Skylake-server世代のXeonコアを搭載。Intel QuickAssist Technologyが統合され、最大100Gbpsの暗号化・復号化アクセラレーションに対応する。年明け早々に話題になった、セキュリティ脆弱性の“Spectre”と“Meltdown”への対策も万全という。

主な仕様は、CPUコアが最大18コア/36スレッド、動作クロックは最大3.0GHz、メモリはクアッドチャンネルのDDR4-2,666MHzをサポートする。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Intel Corporation: http://www.intel.com/

totop