Core i7のファンレス駆動も可能な産業用ベアボーン、Axiomtek「IPC962-511-FL」

2018.01.22 11:25 更新

2018.01.19 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Axiomtek(本社:台湾)は2018年1月19日(現地時間)、Kaby Lakeを搭載したファンレス仕様の産業用ベアボーン「IPC962-511-FL」を発表した。
  • Core i7のファンレス駆動も可能な産業用ベアボーン、Axiomtek「IPC962-511-FL」
  • Core i7のファンレス駆動も可能な産業用ベアボーン、Axiomtek「IPC962-511-FL」

インターフェイスをフロントに集中配置。モジュール設計で拡張性を確保

Kaby Lake世代のCore i7/i5/i3とCeleronに対応する、産業用ベアボーン「IPC962-511-FL」がAxiomtekからリリース。ヒートシンク状のキューブ型筐体を採用した製品で、TDP最大35WのCPUをサポートしている。

インターフェイスと2スロットの拡張スロットをフロントに集中配置した、特徴的なデザインを採用。4基のシリアルポートなど、3タイプをラインナップするI/Oモジュール設計により、柔軟な拡張性ニーズに対応する。

チップセットはIntel H110を搭載、メモリスロットはDDR4-2133 SO-DIMM×2(最大32GB)、ストレージはホットスワップ対応の2.5インチSATA SSD/HDDに対応。拡張スロットは、PCI-Express(x16)+PCI-Express(x4)またはPCI-Express(x16)+PCI、PCI×2の3パターンから選択できる。

外形寸法はW147.5×D192×H230mmで重量4.382kg、-10℃~60℃の広い動作温度範囲をサポート。電源ユニットは、産業用の24VD電源に対応している。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Axiomtek: http://www.axiomtek.com/

totop