SSDが12台搭載可能なオールフラッシュ対応のNASキット、Synology「FlashStation FS1018」

2017.12.15 15:00 更新

2017.12.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は2017年12月15日、オールフラッシュ仕様に対応した12ベイ搭載のSynology(本社:台湾)製オールインワンNASキット「FlashStation FS1018」(型番:FS1018)について、新規取り扱い開始を発表した。市場想定売価は税抜208,300円前後で、本日から発売が開始される。
  • SSDが12台搭載可能なオールフラッシュ対応のNASキット、Synology「FlashStation FS1018」
  • SSDが12台搭載可能なオールフラッシュ対応のNASキット、Synology「FlashStation FS1018」

超高速ランダムアクセスを実現する、オールフラッシュ対応のNASキット

FlashStation FS1018(型番:FS1018) 市場想定売価税抜208,300円前後(発売中)
https://www.ask-corp.jp/news/2017/12/synology-flashstation-fs1018.html

2.5インチベイを12基備え、SATA SSD最大12台によるオールフラッシュ構成に対応したNASキット「FlashStation FS1018」がSynologyから発売。4Kランダム書込で40,000 IOPSを実現する高いパフォーマンスが魅力で、I/O集中型の環境でも低レイテンシの動作が期待できる。

f-FS1018_1024x768c f-FS1018_1024x768d

デュアルコアのIntel Pentium D1508(最大2.6GHz)、DDR4 8GBのECCメモリを標準搭載、メモリは最大32GBを実装可能。インターフェイスは4基のギガビットLANを備えるほか、オプションの10ギガビットLANやM.2 SSDをサポートするPCI-Express3.0(x8)スロットを搭載している。

また、オプションの12ベイ拡張ユニット「DX1215」を2台増設可能で、最大36台のドライブ取り付けに対応。アクセス頻度の高いデータをメインユニットに保存しつつ、拡張ユニットを利用したコールドストレージを持つことができる。

ブラウザベースのNAS OS「Disk Station Manager(DSM)」に対応、最大ユーザーアカウント数16,000、最大同時接続数2,000台。外形寸法はW282×D243×H166mm、重量5.2kg(ドライブ除く)。メーカー保証は5年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Synology Inc.: http://www.synology.com/
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/

totop