PCM 32bit/384kHz、DSD256対応のハイレゾオーディオアンプ「Astell&Kern ACRO L1000」

2017.12.14 11:00 更新

2017.12.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
株式会社アユート(本社:東京都台東区)は2017年12月14日、PCM 32bit/384kHz、DSD256のネイティブ再生に対応するデスクトップ型ハイレゾオーディオアンプ「Astell&Kern ACRO L1000」を発表した。発売は12月22日より開始され、直販価格は税込119,980円。
  • PCM 32bit/384kHz、DSD256対応のハイレゾオーディオアンプ「Astell&Kern ACRO L1000」
  • PCM 32bit/384kHz、DSD256対応のハイレゾオーディオアンプ「Astell&Kern ACRO L1000」

32bitプレミアムDAC「VERITA AK4490」をデュアル実装

Astell&Kern ACRO L1000 直販価格税込119,980円(12月22日発売)
http://www.aiuto-jp.co.jp/

ポータブルオーディオを得意とするAstell&Kernブランドから、ハイレゾ対応のデスクトップ型オーディオアンプ「Astell&Kern ACRO L1000」が登場。12月22日より発売が開始される。

D/A変換にはハイエンド機器でも採用される、旭化成エレクトロニクス製32bitプレミアムDAC「VERITA AK4490」を左右各1基、計2基実装。また32bit CPUを搭載することで、最大32bit/384kHz、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生をサポートする。

ACRO_L1000_1024x768c ACRO_L1000_1024x768d

ヘッドフォン出力端子は3.5mm/3極、6.3mm/3極、2.5mm/4極、XLR(バランス)の4種類で、ハイエンドヘッドフォンに対応。さらに総合30W出力(15W×2/4Ω)のスピーカー出力端子も標準装備され、コンパクトなデスクトップオーディオシステムを構築することもできる。

入力端子はUSB microB、ヘッドフォン端子のS/N比はアンバランス115dB@1kHz、バランス116dB@1kHz、スピーカーのS/N比は95dB。外形寸法は、W112×D112×H160mm、重量約920g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
株式会社アユート: http://www.aiuto-jp.co.jp/
iriver: http://www.iriver.jp/

totop