超ハイエンドを7.2リットルで実現。大型VGA対応のMini-ITXケース、独Dan Cases「A4-SFX v2」上陸

2017.12.06 11:44 更新

2017.12.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
株式会社ディラック(本社:東京都千代田区)は2017年12月5日、Dan Cases(本社:ドイツ)ブランドが手がけるMini-ITX対応の超小型ハイエンドケース「A4-SFX v2」について、新規取り扱い開始を発表した。2018年1月15日より順次出荷が開始される見込みで、市場想定売価は税抜35,980円。
  • 超ハイエンドを7.2リットルで実現。大型VGA対応のMini-ITXケース、独Dan Cases「A4-SFX v2」上陸
  • 超ハイエンドを7.2リットルで実現。大型VGA対応のMini-ITXケース、独Dan Cases「A4-SFX v2」上陸

最大295mmグラフィックスを搭載可能なハイエンド志向の極小ケース

A4-SFX v2 市場想定売価税抜35,980円(2018年1月15日出荷開始予定)
A4-SFX v2 Black/A4-SFX v2 Silver
A4-SFX Window Kit 市場想定売価税抜11,980円(2018年1月15日出荷開始予定)
A4-SFX Window Kit Black/A4-SFX Window Kit Silver
https://www.dan-cases.com/dana4.php

「A4-SFX v2」は、ドイツ・Dan Casesがクラウドファンディングで製品化したMini-ITXに対応する超小型ハイエンドケースの第2世代モデル。フルサイズのグラフィックスカード対応と究極のコンパクトさを追求したモデルで、容量わずか7.2リットルの筐体に最大295mmの大型グラフィックスを収めることができる。

a4sfx_1024x768c

極小サイズに大型グラフィックスを収納するため、ケース内部を縦に二分割。マザーボード+電源とグラフィックス用のスペースを分ける設計で、グラフィックスカードは高品質な3M製のライザーケーブルで接続される。側面にはパンチングによる通気口を備え、冷却にも配慮した。

ドライブベイは2.5インチベイ×3を装備。冷却ファンは2.5インチベイ×2トレイとの排他利用にて、92mmファン×1を実装できる。電源ユニットはSFX電源に対応、拡張スロットは2基を備える。

a4sfx_1024x768d a4sfx_1024x768e

外形寸法はW112×D317×H200mm、重量1.25kg。フロントI/OはUSB3.0×1を搭載している。

なお、オプションとして、初代モデル時にリクエストが多かったという、アクリルウインドウの左右両面キット「A4-SFX Window Kit」も同時に発売される。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社ディラック: http://www.dirac.co.jp/
Dan Cases: https://www.dan-cases.com/

totop