SteelSeries、QX2メカニカルスイッチ採用のテンキーレスキーボード「Apex M750 TKL」

2017.10.31 13:11 更新

2017.10.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
SteelSeries(本社:デンマーク)は2017年10月30日(現地時間)、リニアタイプの独自メカニカルスイッチを搭載したテンキーレスキーボード「Apex M750 TKL」を発表した。直販売価は119.99ドルで、すでに販売が開始されている。
  • SteelSeries、QX2メカニカルスイッチ採用のテンキーレスキーボード「Apex M750 TKL」
  • SteelSeries、QX2メカニカルスイッチ採用のテンキーレスキーボード「Apex M750 TKL」

「Apex M750」のクオリティそのままに省スペース化したコンパクトモデル

SteelSeriesオリジナルのメカニカルスイッチ「SteelSeries QX2 Linear Mechanical RGB Switch」を搭載する、ゲーミングキーボードの新モデル「Apex M750 TKL」。8月にリリースされた「Apex M750」のテンキーレスモデルにあたり、マウスとの距離感が近い省スペース設計を採用。トーナメントやイベントなど、持ち運びを想定したニーズにも対応した。

ApexM750_TKL_1024x768

「SteelSeries QX2 Linear Mechanical RGB Switch」は、リニア特性かつ約45g荷重のスイッチで、5,000万回ストロークの耐久性を備える。スイッチは、航空機グレードの5,000番台アルミ合金フレームにマウント。Nキーロールオーバーによる全キー同時押し、100%アンチゴーストもサポートしている。

また、各スイッチにRGB対応のバックライトLEDを内蔵。「SteelSeries Engine」で発光パターンや発光カラー、「Dota 2」など特定タイトルと連動したイルミネーションを設定できる。

外形寸法はW370×D160×H35mm、重量約862g。接続インターフェイスはUSBで、ケーブル長は2m。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
SteelSeries: http://steelseries.com/

totop