MSI、3連ファンクーラー搭載のGTX 1080 Ti「GAMING X TRIO」シリーズ2モデル

2017.10.13 10:59 更新

2017.10.12 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2017年10月12日(現地時間)、3連ファンクーラーを搭載するGeForce GTX 1080 Tiグラフィックスカード「GAMING X TRIO」シリーズ2モデルを発表した。
  • MSI、3連ファンクーラー搭載のGTX 1080 Ti「GAMING X TRIO」シリーズ2モデル
  • MSI、3連ファンクーラー搭載のGTX 1080 Ti「GAMING X TRIO」シリーズ2モデル

「GAMING」シリーズ初の3連ファンクーラー「TRI-FROZR」搭載

「東京ゲームショウ2017」で披露された、MSI「GAMING」シリーズ初の3連ファンクーラー搭載グラフィックスカードが正式発表。動作クロックの違いにより「GeForce GTX 1080 Ti GAMING TRIO」「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X TRIO」の2モデルがラインナップされる。

VGAクーラーは、2種類のブレードを組み合わせた「TORX 2.0 Fan」を3基搭載する「TRI-FROZR」で、60℃未満でファンの回転を停止する「ZeroFrozr」に対応。また大型の銅製受熱ベースには2本のスーパーパイプと4本のヒートパイプを備え、GPUの熱を素早くヒートシンク全体に移動することで、優れた冷却性能を発揮する。

GAMING_TRIO_1000x750d GAMING_TRIO_1000x750c
GeForce GTX 1080 Ti GAMING TRIO GeForce GTX 1080 Ti GAMING X TRIO

「GeForce GTX 1080 Ti GAMING TRIO」の動作クロックは、OC Mode時が1,506MHz/1,620MHz(ベース/ブースト)、Gaming Mode時が1,493MHz/1,607MHz(同)、Silent Mode時が1,480MHz/1,582MHz(同)、メモリクロックは11,016MHz、メモリバス幅352bitで、GDDR5X 11GBのビデオメモリを搭載する。

「GeForce GTX 1080 Ti GAMING X TRIO」の動作クロックは、OC Mode時が1,569MHz/1,683MHz(ベース/ブースト)、Gaming Mode時が1,544MHz/1,657MHz(同)、Silent Mode時が1,480MHz/1,582MHz(同)、メモリクロックはOC Mode時が11,124MHz、それ以外が11,016MHz、メモリバス幅352bitで、GDDR5X 11GBのビデオメモリを搭載する。

出力インターフェイスはDisplayPort×2、HDMI×2、DualLink DVI-D×1、消費電力は250Wで、補助電源コネクタは8pin×2、外形寸法は、325×140×48mm、重量1,484g。

GAMING_TRIO_1000x348e
  • GPU:GeForce GTX 1080 Ti
  • CUDA数:3,584基
  • コアベースクロック:最高1,506MHz/1,569MHz
  • コアブーストクロック:最高1,620MHz/1,683MHz
  • メモリクロック:最高11,010MHz/11,124MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5X 11GB
  • メモリバス幅:352bit
  • 出力インターフェイス:DisplayPort×2、HDMI×2、DualLink DVI-D×1
  • VGAクーラー:TRI-FROZR
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8pin×2
  • 外形寸法:325×140×48mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): http://www.msi.com/

totop