ASUS、価格を抑えたスタンダードRyzen Threadripperマザー「PRIME X399-A」発売

2017.09.14 11:21 更新

2017.09.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUS JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区)は2017年9月14日、Ryzen Threadripperに対応するAMD X399マザーボード「PRIME X399-A」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は9月15日で、市場想定売価は税込46,000円前後。
  • ASUS、価格を抑えたスタンダードRyzen Threadripperマザー「PRIME X399-A」発売
  • ASUS、価格を抑えたスタンダードRyzen Threadripperマザー「PRIME X399-A」発売

機能を厳選して価格を抑えたスタンダードモデル

PRIME X399-A 市場想定売価税込46,000円(発売中)
https://www.asus.com/jp/Motherboards/PRIME-X399-A/

AMDのハイエンドCPU Ryzen Threadripperに対応するSocket TR4マザーボード。チップセットはAMD X399で、フォームファクタはE-ATX。

スタンダード向け「PRIME」シリーズに属する製品で、RGBライティング機能「Aura Sync」や、ワンクリックでシステムを最適化できる「5-Way Optimization」、LEDライティング「Aura」など、機能を厳選することで低価格化を実現した。

主なスペックは、メモリスロットがDDR4×8(クアッドチャネル/3,600MHz/最大128GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、M.2×2、U.2×1で、M.2スロットにはサーマルスロットリングを抑える「M.2 heatsink」を標準装備する。

拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express2.0(x4)×1、PCI-Express2.0(x1)×1で、マルチグラフィックスは3-WayまでのNVIDIA SLI/AMD CrossFire Xに対応。ネットワークはIntel I211ATによるギガビットLANを搭載する。

PRIME_X399-A_922x254
  • ソケット:Socket TR4
  • チップセット:AMD X399
  • フォームファクタ:E-ATX
  • メモリスロット:DDR4×8(クアッドチャネル/3,200MHz/最大128GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express2.0(x4)×1、PCI-Express2.0(x1)
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6、M.2×2、U.2×1
  • LAN:ギガビットLAN×1(Intel I211AT)
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(S1220A)
  • インターフェイス:USB3.1 Gen.2×2(Type-A/Type-C)、USB3.0×8、ギガビットLAN×1、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1
  • 外形寸法:305×269mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUS JAPAN株式会社: http://www.asus.com/jp/

totop