極冷にも対応。OC向けX299マザーボード、ASUS「ROG RAMPAGE VI APEX」

2017.09.14 11:01 更新

2017.09.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUS JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区)は2017年9月14日、オーバークロッカー向けX299マザーボード「ROG RAMPAGE VI APEX」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。発売は9月15日で、市場想定売価は税込63,000円前後。
  • 極冷にも対応。OC向けX299マザーボード、ASUS「ROG RAMPAGE VI APEX」
  • 極冷にも対応。OC向けX299マザーボード、ASUS「ROG RAMPAGE VI APEX」

結露検知機能や「LN2モード」など、極冷向け機能を搭載

ROG RAMPAGE VI APEX 市場想定売価税込63,000円(発売中)
https://www.asus.com/jp/ROG-Republic-Of-Gamers/ROG-RAMPAGE-VI-APEX/

グローバルリリースで一報をお届けした、オーバークロック向けX299マザーボード「ROG RAMPAGE VI APEX」の国内発売日および、市場想定売価がアナウンスされた。

冷却しすぎによる「コールドブートバグ」を回避する「LN2モード」や、基板表面の結露を検知する「結露検知機能」、一時的CPUのクロックを下げる「Slowモード」、PCを確実に再起動する「ReTryボタン」などの豊富な機能を搭載。液体窒素やヘリウムを使った極冷にも対応する。

ROG_RAMPAGE_VI_APEX_1024x768c
マザーボードでは珍しい“X形PCB”を採用。もちろんLEDライティング「AURA RGB」にも対応する

また動作クロックを引き上げるためにメモリスロットは敢えて4本に削減。さらにオーバークロック向けに設計されたデジタル電源回路「Extreme Engine Digi+」や、余裕のある電力供給ができる「8+8pin電源コネクタ」、サーマルスロットリングを解消できるM.2用拡張カード「DIMM.2」などの独自機能を備える。

主なスペックはメモリスロットがDDR4-4133MHz×4(最大64GB)、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express3.0(x4)×1で、マルチグラフィックスは4-WayまでのNVIDIA SLI/AMD CrossFire Xに対応する。フォームファクタはE-ATX。

ROG_RAMPAGE_VI_APEX_620x315d
  • ソケット:LGA2066
  • チップセット:Intel X299
  • フォームファクタ:E-ATX
  • メモリスロット:DDR4-4133MHz×4(最大64GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16)×4、PCI-Express3.0(x4)×1
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6、DIMM.2×2(M.2×4)
  • LAN:ギガビットLAN×1(Intel I219V)
  • サウンド:ROG SupremeFX(S1220A)
  • リアインターフェイス:USB3.1 Gen.2×2(Type-A/Type-C)、USB3.1 Gen.1×6、USB2.0×2、ギガビットLAN×1、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、PS/2×2
  • 外形寸法:W305×D272mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASUS JAPAN株式会社: http://www.asus.com/jp/

totop