GIGABYTE、次世代CPU Skylake-W対応のワークステーションマザー「MW51-HP0」発表

2017.08.29 16:34 更新

2017.08.29 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2017年8月29日、次世代CPU Skylake-Wに対応するワークステーションマザーボード「MW51-HP0」を発表した。チップセットはIntel C422で、フォームファクタはCEBに対応する。
  • GIGABYTE、次世代CPU Skylake-W対応のワークステーションマザー「MW51-HP0」発表
  • GIGABYTE、次世代CPU Skylake-W対応のワークステーションマザー「MW51-HP0」発表

最大18コア/36スレッドの次世代CPU Skylake-Wに対応

Intelの次世代CPU Skylake-Wをサポートするワークステーション向けマザーボード。チップセットはIntel C422で、ソケットはLGA2066、フォームファクタはCEB(W304.8×D266.7mm)。

Skylake-Wは、IntelのハイエンドモデルCore Xシリーズをベースにしたワークステーション向けCPU。メモリスロットはクアッドチャネル対応のDDR4-2666で、PCI-Express3.0は48レーンを搭載。コア数は最大18コア/36スレッドまでサポートし、TDPは120Wまたは140W。

「MW51-HP0」では、DDR4-2666×8本のメモリスロットを備え、RDIMMならモジュールあたり32GB、LRDIMMなら64GBまで対応。またCPUのPCI-Express3.0と、レーンスイッチチップを組み合わせることで、計7本のPCI-Express3.0(x16形状スロット)を搭載。マルチグラフィックス4-WayまでのNVIDIA SLIまたはAMD CrossFire Xをサポートする。

MW51-HP0_1024x683c

ストレージはSATA3.0(6Gbps)×8(チップセット)、SATA3.0(6Gbps)×2(Marvell 88SE9172)、M.2 22110(32Gbps)×1、U.2×1。ネットワークはIntel I210によるデュアルギガビットLANを搭載する。

またメモリスロットや拡張スロットには、スロットを補強しノイズを低減するメタルシールドを実装。さらに帯域幅10GbpsのUSB3.1 Gen.2ポート(Type-A/Type-C)や、Realtek ALC 1150による7.1ch HDオーディオ機能など、ワークステーションモデルながら、コンシューマ向け機能が充実しているのも特徴だ。

MW51-HP0_912x138d

  • ソケット:LGA2066
  • チップセット:Intel C422
  • フォームファクタ:CEB
  • メモリスロット:DDR4-2666×8(クアッドチャネル対応)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16形状)×7
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×8(チップセット)、SATA3.0(6Gbps)×2(Marvell 88SE9172)、M.2 22110(32Gbps)×1、U.2×1
  • LAN:ギガビットLAN×2(Intel I210)
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC1150)
  • リアインターフェイス:USB3.1 Gen.2×2(Type-A/Type-C)、USB3.0×8、ギガビットLAN×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、PS/2×1
  • 外形寸法:W304.8×D266.7mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop