ASUS、長期間劣化しない「IP5X対応防塵ファン」搭載のRX 580グラフィックス「DUAL-RX580-O8G」を発売

2017.06.29 10:58 更新

2017.06.29 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
ASUSTeK Computer(本社:台湾)は2017年6月29日、IP5X対応防塵ファンを採用したオリジナルクーラーを搭載するRadeon RX 580グラフィックスカード「DUAL-RX580-O8G」について、国内向け取り扱い開始を発表した。市場想定売価は税込38,000円前後で、6月30日より発売が開始される。
  • ASUS、長期間劣化しない「IP5X対応防塵ファン」搭載のRX 580グラフィックス「DUAL-RX580-O8G」を発売
  • ASUS、長期間劣化しない「IP5X対応防塵ファン」搭載のRX 580グラフィックス「DUAL-RX580-O8G」を発売

約2倍の風圧をもつ防塵仕様の冷却ファン実装。動作クロックは最大1,380MHz

DUAL-RX580-O8G 市場想定売価税込38,000円前後(6月30日発売)
https://www.asus.com/jp/News/BBAlVb4mCFlJhlYo
https://www.asus.com/jp/Graphics-Cards/DUAL-RX580-O8G/

第2世代Polarisの最上位GPU Radeon RX 580を搭載する、オーバークロック仕様のグラフィックスカード「DUAL-RX580-O8G」が明日発売。長期間性能劣化なく動作する「IP5X対応防塵ファン」をデュアル実装したオリジナルクーラーを装備し、優れた冷却性能を発揮する。

「IP5X対応防塵ファン」には、通常の約2倍の風圧を生み出す独自形状の「ウイングブレード」を採用。低回転でも十分な冷却が可能なほか、GPU温度が低い際は回転を停止するセミファンレス機能「ゼロノイズ機能」を搭載する。

動作クロックは1,360MHz(リファレンス1,340MHz)のオーバークロック仕様で、OCツールの「GPU Tweak II」でOCモードを選択することで最大1,380MHzの動作が可能。メモリクロックは8,000MHz、メモリバス幅256bit、GDDR5 8GBのビデオメモリを実装する。

また、コンポーネントは高耐久な独自基準「Super Alloy Power II」準拠の部材を採用。取り付けをすべて機械化して精度を高めた「ASUS AUTO-EXTREME技術」で組み上げられる。

そのほか、バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)、出力インターフェイスはDisplayPort1.4×2、HDMI2.0×2、DVI-D×1。補助電源コネクタは8pin×1を備える。

  • GPU:AMD Radeon RX 580
  • SP数:2,304基
  • コアクロック:最大1,380MHz(OCモード時/リファレンス1,340MHz)
  • メモリクロック:8,000MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5 8GB
  • メモリバス幅:256bit
  • 出力インターフェイス:DisplayPort1.4×2、HDMI2.0×2、DVI-D×1
  • VGAクーラー:IP5X対応防塵ファン搭載デュアルファンクーラー(2スロット占有)
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:8pin×1
  • 外形寸法:W129×D242×H38mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
ASUSTeK Computer: http://www.asus.com/

totop