全長わずか155mmのショートサイズRX 560、MSI「Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC」

2017.05.22 17:00 更新

2017.05.22 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2017年5月22日、Mini-ITXマザーボードに最適なショートサイズRadeon RX 560「Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC」を発表した。
  • 全長わずか155mmのショートサイズRX 560、MSI「Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC」
  • 全長わずか155mmのショートサイズRX 560、MSI「Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC」

Mini-ITXマザーボードに最適なショートサイズモデル

Mini-ITXマザーボードとの組み合わせを考慮した、MSI「AERO ITX」シリーズより、Radeon RX 560を搭載するオーバークロックモデル「Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC」がリリースされた。

VGAクーラーは大口径ファンを採用するシングルファンクーラーで、コンパクトながら高い冷却性能を実現。またMSI独自品質規格「ミリタリークラス4コンポーネント」に準拠する、製品寿命10年間の固体コンデンサを採用することで耐久性・信頼性を高めた。

主なスペックは、SP数1,024基、コアクロック1,196MHz、メモリクロック7,000MHz、メモリバス幅128bitで、GDDR5 4GBのビデオメモリを搭載。出力インターフェイスはDisplayPort×1、HDMI×1、DualLink DVI-D×1の3系統を備える。

バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x8/x16形状)、補助電源コネクタは不要で、外形寸法は、155×113×39mm、重量320g。推奨電源ユニットは400W以上。

  • GPU:Radeon RX 560
  • SP数:1,024基
  • ブーストクロック:1,196MHz
  • メモリクロック:7,000MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5 4GB
  • メモリバス幅:128bit
  • 出力インターフェイス:DisplayPort×1、HDMI×1、DualLink DVI-D×1
  • VGAクーラー:2スロット占有シングルファンクーラー
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x8/x16形状)
  • 補助電源:非搭載
  • 外形寸法:155×113×39mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://www.msi.com/

totop