1スロットクーラーを搭載するGTX 1050 TiグラフィックスカードがInno3Dから登場

2017.05.12 11:17 更新

2017.05.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
InnoVISION Multimedia Limited.(本社:香港)が展開するInno3Dブランドは2017年5月11日(現地時間)、1スロットクーラーを搭載するGeForce GTX 1050 Tiグラフィックスカード「Inno3D GeForce GTX 1050 Ti (1-Slot Edition)」(型番:N105T2-1SDV-M5CM)を発表した。
  • 1スロットクーラーを搭載するGTX 1050 TiグラフィックスカードがInno3Dから登場
  • 1スロットクーラーを搭載するGTX 1050 TiグラフィックスカードがInno3Dから登場

1スロットサイズのスリムクーラーを搭載

Inno3D GeForce GTX 1050 Ti (1-Slot Edition)(型番:N105T2-1SDV-M5CM)
http://www.inno3d.com/products_detail.php?refid=297

Inno3Dブランドより、1スロットのスリムクーラーを搭載するGeForce GTX 1050 Tiグラフィックスカード「Inno3D GeForce GTX 1050 Ti (1-Slot Edition)」がリリースされた。

オリジナルデザインのVGAクーラーには、大口径ファンを搭載。さらにメタル製のカバーでエアフローを調整することで、スリムサイズでも十分な冷却性能を確保した。

1スロットサイズのGeForce GTX 1050 Tiグラフィックスカードは既にELSAブランドから「ELSA GeForce GTX 1050 Ti 4GB SP」がリリースされている

主なスペックは、ベースクロック1,290MHz、ブーストクロック1,392MHz、メモリクロック7,000MHz、メモリバス幅128bitで、GDDR5 4GBのビデオメモリを搭載。メモリ帯域は168.2GB/sec、消費電力は75Wで、補助電源コネクタは不要だ。

バスインターフェイスはPCI-Expres3.0(x16)、出力インターフェイスはDisplayPort×1、DualLink DVI-D×1、HDMI2.0b×1。外形寸法は、L211×H99.8mm。

  • GPU:GeForce GTX 1050 Ti
  • CUDA数:768基
  • コアベースクロック:1,290MHz
  • コアブーストクロック:1,392MHz
  • メモリクロック:7,000MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5 4GB
  • メモリバス幅:128bit
  • 出力インターフェイス:DisplayPort×1、DualLink DVI-D×1、HDMI2.0b×1
  • VGAクーラー:1スロットオリジナルクーラー
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:非搭載
  • 外形寸法:L211×H99.8mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
InnoVISION Multimedia Limited(Inno3Dブランド): http://www.inno3d.com/

totop