ASRock、「Optane Memory」対応BIOSと1クリックユーティリティの提供開始

2017.04.28 17:56 更新

2017.04.28 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)および国内正規代理店のマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)は2017年4月28日、Intel 200シリーズマザーボードの「Optane Memory」対応BIOSバージョンを発表。また設定用の1クリックユーティリティの提供を開始した。
  • ASRock、「Optane Memory」対応BIOSと1クリックユーティリティの提供開始

設定手順を簡略化する専用ユーティリティを提供開始

ASRockはIntel 200シリーズマザーボードの「Optane Memory」対応方法および、設定ユーティリティの公開を開始した。

「Optane Memory」の使用にはまず対応BIOSへのアップデートが必要。その後、「Ultra M.2」スロットにSSDを装着し、ASRock Appshopから「Intel Optane Memory 1 Click Install」 をインストールすると、自動的に最適化が完了する。

なお「Optane Memory」対応モデルと、BIOSのバージョンは以下の通り。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/
マスタードシード株式会社: http://www.mustardseed.co.jp/

totop