GeForce GTX 1080 Tiの廉価モデル「ARMOR」と水冷モデル「SEA HAWK X」がMSIから発売

2017.04.21 15:25 更新

2017.04.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2017年4月21日、GeForce GTX 1080 Tiを搭載する「GeForce GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC」「GeForce GTX 1080 Ti SEA HAWK X」について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。いずれも4月22日より発売が開始され、市場想定売価は税抜94,800円と税抜116,800円。
  • GeForce GTX 1080 Tiの廉価モデル「ARMOR」と水冷モデル「SEA HAWK X」がMSIから発売
  • GeForce GTX 1080 Tiの廉価モデル「ARMOR」と水冷モデル「SEA HAWK X」がMSIから発売

従来モデルからメモリクロックを大幅に向上

GeForce GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC
市場想定売価税抜94,800円(発売中)
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1080-Ti-ARMOR-11G-OC.html
GeForce GTX 1080 Ti SEA HAWK X
市場想定売価税抜116,800円(発売中)
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1080-Ti-SEA-HAWK-X.html

MSIのオリジナルGeForce GTX 1080 Tiに新モデル2種が追加。明日22日(土)より国内発売が開始される。

「GeForce GTX 1080 Ti ARMOR 11G OC」は、白と黒のモノトーンが特徴の「ARMOR」シリーズに属するモデル。「GAMING」シリーズの下位に位置づけられる製品で、2基の「トルクスファン」を採用する「ARMOR 2X」クーラーを搭載する。

主なスペックは、コアベースクロック1,531MHz、ブーストクロック1,645MHz、メモリクロック11,016MHz、メモリバス幅352bitで、GDDR5X 11GBのビデオメモリを搭載。補助電源コネクタは8pin×2で、出力インターフェイスはDisplayPort1.4×2、DualLink DVI-D×1、HDMI2.0b×2を備える。

GeForce GTX 1080 Ti SEA HAWK X

「GeForce GTX 1080 Ti SEA HAWK X」は、GPUの冷却を水冷が、メモリ・VRMの冷却を空冷が受け持つ、CORSAIR製ハイブリッドクーラーを搭載するハイエンドモデル。

コアクロックはOC(ベース1,569MHz/ブースト1,683MHz)、ゲーム(ベース1,544MHz/ブースト1,657MHz)、サイレント(ベース1,480MHz/ブースト1,582MHz)の3段階から選択可能。またメモリクロックもOCでは11,124MHz(その他は11,016MHz)へと引き上げられている。

その他、メモリバス幅は352bitで、GDDR5X 11GBのビデオメモリを搭載。出力インターフェイスはDisplayPort×3、HDMI×1、DualLink DVI-D×1。補助電源コネクタは8+6pin×1。なお詳細についてはこちらのグローバルリリースを合わせて参照頂きたい。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): http://jp.msi.com/

totop