CORSAIR、コスト重視のエントリーミドルタワー「Carbide 270R」シリーズ

2016.11.22 10:58 更新

2016.11.21 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
CORSAIR(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2016年11月21日(現地時間)、Carbideシリーズに属するエントリーミドルタワーPCケース「Carbide 270R」シリーズを発表した。ソリッドパネルモデルとアクリルウィンドウモデルの2種がラインナップされ、直販価格は59.99ドルと69.99ドル。
  • CORSAIR、コスト重視のエントリーミドルタワー「Carbide 270R」シリーズ
  • CORSAIR、コスト重視のエントリーミドルタワー「Carbide 270R」シリーズ

フロントドライブベイを排除したイマドキ仕様のエントリーミドルタワー

Carbide Series 270R(型番:CC-9011106-WW)
直販価格59.99ドル(発売中)
http://www.corsair.com/en/carbide-series-270r-atx-mid-tower-case
Carbide Series 270R Windowed(型番:CC-9011105-WW)
直販価格69.99ドル(発売中)
http://www.corsair.com/en/carbide-series-270r-windowed-atx-mid-tower-case

CORSAIR「Carbide」シリーズから、コストパフォーマンスを重視したエントリーミドルタワーPCケース「Carbide 270R」シリーズが登場した。I/Oを側面に配置したフラットフロントデザインを採用し、ソリッドパネルモデルとアクリルウィンドウモデルの2種がラインナップされる。

フロント部のドライブベイを排除したイマドキ仕様。グラフィックスカードは全長370mmまで対応する

内部設計はフロントドライブベイを排除したイマドキ仕様で、電源ユニットを覆うボトムカバーを搭載。また余裕のある裏配線スペースにより、ケース内のケーブルを最小限に抑え、すっきりと配線を行うことができる。

2.5および3.5インチシャドウベイは、いずれも裏面に実装される

ドライブベイは3.5インチシャドウベイ×2、2.5インチシャドウベイ×2で、拡張スロットは7段。冷却ファンはフロント120mm×3または140mm×2、トップ120 / 140mm×2、リア120mm×1(付属)で、最大360mmまでの大型ラジエターに対応する。

I/OポートはUSB3.0×2、ヘッドホン端子×1、マイク端子×1。外形寸法は、W210×D509×H460mmで、グラフィックスカードは全長370mm、CPUクーラーは全高170mm、電源は奥行350mm。フォームファクタはATX、MicroATX、Mini-ITXに対応する。

文: GDM編集部 池西 樹
CORSAIR: http://www.corsair.com/

totop