大玉トラックボールが合体したメカニカルキーボード、Tesoro「Harpe TL」がついに登場

2016.02.29 10:52 更新

2016.02.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Tesoro Technology USA Inc,(本社:アメリカ)は2016年2月26日(現地時間)、大玉トラックボールを搭載したメカニカルキーボード「Harpe TL Mechanical Keyboard With Trackball」を発表した。
  • 大玉トラックボールが合体したメカニカルキーボード、Tesoro「Harpe TL」がついに登場
  • 大玉トラックボールが合体したメカニカルキーボード、Tesoro「Harpe TL」がついに登場

操球感のよさそうな大玉サイズのトラックボールが一体化

Harpe TL Mechanical Keyboard With Trackball
http://tesorotec.com/herpe-tl-mechanical-keyboard-with-trackball/

「COMPUTEX TAIPEI 2015」でサンプル展示が行われ、以前に公式Facebookページにてユーザーからのフィードバックを募集していた、トラックボール搭載キーボード「Harpe TL Mechanical Keyboard With Trackball」がついに製品化された。

最大の特徴は、往年のKensington「Expert Mouse」シリーズを彷彿とさせる大玉サイズのトラックボール。ボタンは左右クリックのほか、手前にスクロールホイールも備えている。

キーボードは英語配列のフルキーボードをベースとして、機能キーやテンキー配置を見なおした省スペース仕様を採用。キースイッチはゲーミンググレードのメカニカルスイッチを搭載、6キーロールオーバーに対応する。また、全キーにブルーのバックライトLEDを内蔵し、4段階の輝度調整も可能だ。

接続インターフェイスはUSBで、ケーブル長は1.8m。外形寸法W510×D85×H16.2mm、重量1.42kg。

文: GDM編集部 絵踏 一
Tesoro Technology USA Inc,: http://www.tesorotec.com/

totop