4Kリアルタイム変換とハードウェア暗号化に対応する2ベイNAS、Synology「DiskStation DS216+」

2016.01.29 12:13 更新

2016.01.29 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は2016年1月29日、4Kリアルタイム変換とハードウェア暗号化に対応する、Synology(本社:台湾)製NASサーバー「DiskStation DS216+」について、新規取り扱い開始を発表した。発売は2月上旬予定で、市場想定売価は税抜5万円台前半。
  • 4Kリアルタイム変換とハードウェア暗号化に対応する2ベイNAS、Synology「DiskStation DS216+」
  • 4Kリアルタイム変換とハードウェア暗号化に対応する2ベイNAS、Synology「DiskStation DS216+」

AES-NIハードウェア暗号化と4K Ultra HDビデオコード変換に対応

DiskStation DS216+(型番:DS216+)
市場想定売価税抜50,000円台前半(2月上旬発売)
http://www.ask-corp.jp/news/2016/01/synology-diskstation-ds216plus.html
http://www.ask-corp.jp/products/synology/medium-business/diskstation-ds216plus.html

Synologyより、中小企業向けに最適な2ベイNASサーバーの新モデル「DiskStation DS216+」がリリースされた。

4K Ultra HDに対応するハードウェア変換エンジンを搭載し、高解像度動画のストリーミング配信が可能。またAES-NIハードウェア暗号化エンジンも標準装備され、暗号化されたデータを高速に転送することができる。

その他、データ整合性チェックや、共有フォルダの予約スナップショット、ファイル / フォルダレベルのデータ復元ができる「Btrfsファイルシステム」、ブラウザベースの専用OS「Disk Station Manager」、ネットワークカメラとの連携ができる「Surveillance Station」などをサポートする。

CPUはCeleron N3050、メモリはDDR3 1GB、転送速度は読込・書込111MB/sec(平均)で、RAIDレベルはSynology Hybrid RAID / Basic / JBOD / RAID 0 / 1に対応。インターフェイスはUSB3.0×1、USB2.0×2、eSATA×1、ギガビットイーサネット×1を備える。

同時接続数は256、最大ユーザーアカウントは2,048、対応IPカメラ数は25台まで。外形寸法はW108×D233.2×H165mm、重量1.25kg。製品保証は2年間。

文: GDM編集部 池西 樹
Synology: http://www.synology.com/
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/

totop