Intel、Broadwellアーキテクチャを採用するサーバー向け初のSoC「Xeon D」シリーズ発表

2015.03.10 12:25 更新

2015.03.10 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
インテル株式会社(本社:東京都千代田区)は2015年3月10日、Broadwellアーキテクチャを採用するサーバー向け初のSoC「Xeon D」シリーズを発表した。4コア/2.20GHzの「Xeon D-1520」と、8コア/2.00GHzの「Xeon D-1540」の2種がラインナップされ、即日提供が開始される。
  • Intel、Broadwellアーキテクチャを採用するサーバー向け初のSoC「Xeon D」シリーズ発表
  • Intel、Broadwellアーキテクチャを採用するサーバー向け初のSoC「Xeon D」シリーズ発表

製造プロセス14nmのBroadwellアーキテクチャを採用

Intel Xeon Dシリーズ(提供開始)
Xeon D-1520 想定売価199ドル
Xeon D-1540 想定売価581ドル
http://newsroom.intel.com/community/ja_jp/blog/2015/03/09/

Intelは、サーバー向けでは初となるSoC「Xeon D」シリーズをリリースした。

製造プロセス14nmのBroadwellアーキテクチャを採用し、実装されるCPUコアは、4コアまたは8コア。Intelによれば、本プロセッサを使うことで、従来のAtom C2750と比較してノードあたりの性能は約3.4倍、ワットパフォーマンスは最大1.7倍まで引き上げることができるという。

メモリはDDR4/DDR3Lのデュアルチャネルに対応し、最大128GB(RDIMM時)まで増設可能。PCI-Expressは24レーン、USBはUSB3.0×4/USB2.0×4で、SATAポートはSATA3.0(6Gbps)×6に対応。さらに10ギガビットイーサネット×2の機能もチップ内に実装される。

製品ラインナップは、4コア/2.20GHzの「Xeon D-1520」(199ドル)と、8コア/2.00GHzの「Xeon D-1540」(581ドル)の2種で、即日提供開始。なお2015年後半期にはラインナップの拡充も予定されている。

文: GDM編集部 池西 樹
インテル株式会社: http://www.intel.co.jp/

totop