パイオニア、LTE搭載の次世代“コネクテッドカー”向け「ミラー型テレマティクス端末」を開発

2014.09.30 16:40 更新

2014.09.30 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
パイオニア株式会社(本社:川崎市幸区)は2014年9月30日、LTE通信モジュールを搭載しクラウドサービスを活用できる車載機器「ミラー型テレマティクス端末」を発表した。本年度中の発売が予定されている。
  • パイオニア、LTE搭載の次世代“コネクテッドカー”向け「ミラー型テレマティクス端末」を開発

車載機器として国内初、LTEを搭載したミラー一体型の多機能端末

国内初、LTE通信モジュールを搭載したミラー型車載機器を開発
http://pioneer.jp/corp/news/press/index/1825

次世代車載機器とクラウドサービスを開発するパイオニアから、今後広がりが予想される“コネクテッドカー”に向けた「ミラー型テレマティクス端末」がリリースされた。車載機器としては、国内で初めてLTE通信モジュールを搭載。ハーフミラータイプの5インチタッチ液晶を内蔵し、幅広い車種に取り付けられるという。

高速・大容量・低遅延のLTE回線を活かし、常時ネットワークに接続。音声対話型の“ドライブエージェントサービス”を使用し、ドライバーが必要とするリアルタイム情報(施設・渋滞・天気・ニュースなど)を入手したり、ナビ機能を操作することができる。
 また、広角フロントカメラを内蔵しているため、ドライブレコーダーとしても使用可能。さらに画像センシング技術によるレーン移動検知/前方車両発進検知、危険運転検知などの運転支援サービスのサポートを受けることもできる。

用途に合わせた専用アプリのインストールにも対応。GNSS(全地球型測位システム)や内蔵センサー、通信機能を使用した車両の動態管理、ドライバーへのメッセージ送信など、業務用途にも使用可能だ。
 なお、製品化と発売は本年度中を予定。NTTドコモの契約者がお得なセット料金で利用できる「デバイスプラス300」(月額税抜300円)への提供も予定されている。

文: GDM編集部 絵踏 一
パイオニア株式会社: http://pioneer.jp/

totop